Home » Posts tagged with "駒田徳広 結婚"

駒田徳広 離婚

駒田徳広 離婚 駒田徳広 こまだ-のりひろ 1962- 昭和後期-平成時代のプロ野球選手。 昭和37年9月14日生まれ。昭和56年巨人に入団。58年プロ初打席で満塁本塁打。一塁,外野をまもり,中軸打者として活躍。平成6年横浜に移籍し,10年の優勝,日本一に貢献。13年引退。実働18年,通算2006安打,2割8分9厘,195本塁打。通算13本の満塁本塁打をうち,「満塁男」とよばれた。奈良県出身。桜井商卒。 駒田徳広が離婚した訳とは何なのでしょう。 駒田徳広さんは、結婚して2ヶ月で離婚をしています。 奥さんは結婚するときすでに妊娠しており、その時にはお腹は相当大きくなっていたそうです。 そして、2ヶ月後病院で出産してみると、 なんと赤ちゃんの肌が黒い・・・ 妊娠相手は元彼の黒人だったのです。 分娩室では助産師さんもおめでとうございますとは言えずに、駒田徳広さんも呆然としていたそうです。 そして奥さんに一言 「とりあえず、お疲れ。」 といい、2ヶ月後にはわかれたそうです。 なんだか信じられない話ではありますが、結構有名なはなしらしいですよ。 駒田... 

駒田徳広

駒田徳広 駒田 徳広(こまだ のりひろ、1962年9月14日 – )は、奈良県出身の元プロ野球選手(内野手)、野球指導者、野球解説者、タレント。本名の読みは「とくひろ」だが、入団時に「のりひろ」と呼称され、そのままうやむやになって本人も使い分けているという。 駒田徳広 高校時代 中学2年生ぐらいまでは長身ながらも非力で、2番打者などを打って三遊間をゴロで抜けるヒットをよく打っていたというが[要出典]、桜井商ではエースで4番として活躍。イニングの先頭バッターで敬遠されたり、奈良県大会決勝戦での強豪天理高校戦において、無死満塁で敬遠されたというエピソードがある。高校通算43本塁打。高校では駒田の打撃練習の前に、打球の行方に注意を促す校内放送が流れるほど飛距離が凄かったという。地元では「奈良のマニエル」と呼ばれていた[要出典]。  Read More »
© 2012 日本芸能ネットワーク · RSS · Designed by Theme Junkie · Powered by WordPress