Home » 体重を減らす » 渡辺直美,渡辺直美 画像

渡辺直美,渡辺直美 画像


渡辺直美,渡辺直美 画像
渡辺 直美(わたなべ なおみ、1987年10月23日 – )は、日本のピン芸人である。

茨城県石岡市出身(出生地は台湾)。吉本興業東京本社(東京吉本、厳密には子会社のよしもとクリエイティブ・エージェンシー)所属。東京NSC12期生。同期には南国姉妹、ジャングルポケット、盗涙王、御茶ノ水男子等がいる。

父親が日本人、母親が台湾人のハーフ。母子家庭で育った。

茨城県石岡市立石岡中学校卒業。小さい頃から芸能界に憧れていた。勉強が全く出来なかったため、高校受験をするも失敗。高校進学せずにファミレスの夢庵にアルバイトとして働き、貯金をしてからNSCに入る。

渡辺直美

渡辺直美

2007年9月にコンビ「フレッシュライム」(相方はササキりな)を方向性の違いで解散し、ピン芸人としてデビュー。2008年1月2日放送の『新春大売出し!さんまのまんま』(関西テレビ)に今田耕司一押しのお笑い芸人として紹介され出演し、ビヨンセのものまねで2曲を披露して、明石家さんまやゲストの井上真央の笑いを誘う。今田は「使ってる筋肉はビヨンセと全く同じ」、「安いスナックのお姉ちゃんじゃないですよ」と述べた。なお、この時はマライア・キャリーの物真似をする予定だったが、本番直前にビヨンセに変えた[4]。また、今田が司会を務める『爆笑レッドカーペット』では「こんな芸があったら、どんなスナックでも働ける」とも評された。

2008年3月31日から『笑っていいとも!』(フジテレビ)の14代目いいとも青年隊として、鈴木凛と共に「いいとも少女隊」を結成。前週の3月27日(木曜日)に『人間プロファイリングQ ハメ込みナンバーズ』のコーナー(この時のテーマは若手ピン芸人の年収を当てる)にゲストとして初出演した時には、翌週からいいとも少女隊としてレギュラー出演することは全く公表されていなかった。マネージャーからレギュラーの話が来た時は自信が無く不安で一度断ったが、マネージャーから「すごく勉強になるからチャンスをつかんで来い」と言われ引き受けたという。

© 2012 日本芸能ネットワーク · RSS · Designed by Theme Junkie · Powered by WordPress