Home » 美容 » 放射性ストロンチウム

放射性ストロンチウム


放射性ストロンチウム
東京電力福島第一原発の事故後、大気中に放出された放射性ストロンチウム90が福島、宮城両県以外の10都県で確認された。文部科学省が24日発表した。茨城県では、2000年から事故前までの国内の最大値を20倍上回る1平方メートルあたり6ベクレルが検出された。これは大気圏内核実験が盛んだった1960年代に国内で観測された最大値の60分の1程度になる。

ストロンチウム

ストロンチウム

ストロンチウム-89による治療について
Q1がんの骨転移によって、どうして痛みがおこるのですか?
A.がんの骨転移により痛みが生じる原因は不明な点が多いのですが、主に以下のような原因があると考えられています。
Q2どのようなお薬ですか?
A.このお薬は、がんの骨転移による骨の痛みをやわらげるための注射用のお薬で、治療に適した放射線が放出されます。
注射されると骨の成分であるカルシウムと同じように骨に運ばれ、がんの骨転移部位では長くとどまり、その部位に放射線があたることによって痛みがやわらぐと考えられています。
お薬が効いた患者さんにおいては、通常注射の1~2週間後から痛みがやわらぎます。
なお、このお薬は骨の痛みをやわらげることを目的としており、がんや転移そのものの治療が目的ではないことをあらかじめご理解ください。
Q3どのような副作用がありますか?
A.血小板や白血球が注射前に比べて20~30%減少することがあります。また、まれに、血小板のより著しい減少、貧血、または、汎血球減少症(血小板、白血球、赤血球やヘモグロビンなどの細胞数がともに減少する)がみられたとの報告があります。このようなことから、注射前と注射後は、定期的に血液検査を受けてください。必要に応じ適切な処置を行います。

5~15%の患者さんで、お薬を注射して2~3日後に一時的に(2~5日間)痛みが増すことがあります。その場合、必要に応じて痛み止めのお薬を増やしてその痛みをやわらげる治療を行います。

© 2012 日本芸能ネットワーク · RSS · Designed by Theme Junkie · Powered by WordPress