Home » 芸能 » 阿知波信介,故阿知波信介

阿知波信介,故阿知波信介


阿知波 信介(あちは しんすけ、1940年3月21日 – 2007年5月4日[1])は、日本の俳優、芸能プロモーター。本名:阿知波 信雄(あちは のぶお)。島根県益田市出身。元妻は女優の多岐川裕美、娘は女優の多岐川華子。

俳優活動の後マネージャーへ転身、アクターズプロモーション副社長、兼アクターズエージェンシー社長を務めた。

阿知波信介

阿知波信介

阿知波信介,来歴・人物

1965年、丸山誠治監督作品『太平洋奇跡の作戦 キスカ』で映画界にデビュー。1967年から円谷プロダクション制作の特撮テレビドラマ『ウルトラセブン』のソガ隊員役で活躍するが、それ以降俳優として大成することはなく、俳優業を引退した。

三船プロダクションに入り、新人女優の多岐川裕美のマネージャーとなる。その後多岐川と結婚した。同社から田中プロモーションが分裂した際に行動を共にし、さらに再分裂した際は竜雷太を社長に担いでアクターズプロモーションを設立した。1988年、多岐川との間に娘・華子が生まれるが、1997年に離婚した。多岐川とは結婚後、所属事務所であるアクターズプロモーションの副社長と所属女優という間柄になり、離婚後もこの関係は続いた。

2007年5月2日から行方不明となり、2日後の5月4日、鹿児島県霧島市の犬飼滝で遺体で発見された。67歳没。鹿児島県警は状況から自殺と断定した。死去する前の数年は脳梗塞や高血圧に悩まされていたという。

『ウルトラセブン』で共演した菱見百合子(現・ひし美ゆり子)からは、「アッチィ」の愛称で親しまれていたという。

 

© 2012 日本芸能ネットワーク · RSS · Designed by Theme Junkie · Powered by WordPress