Home » 芸能 » 多岐川華子 離婚,仁科克基 多岐川華子 離婚

多岐川華子 離婚,仁科克基 多岐川華子 離婚


仁科克基、多岐川華子がスピード離婚…わずか1年半
昨年1月に結婚した俳優仁科克基(まさき=29)と女優多岐川華子(23)が離婚に向けて協議中であることが24日、分かった。関係者によると、双方が弁護士を立てて話し合いを始めたという。2人は10年秋に婚約、年明けにグアムで挙式したばかり。克基は俳優松方弘樹と元妻で女優仁科亜季子の長男、華子は多岐川裕美の長女で、大物2世カップルの結婚で話題になった。克基のブログには先月まで華子が登場し、カラオケに行った時のツーショットなどがアップされていた。
多岐川 華子(たきがわ はなこ、1988年9月16日 – )は、日本のタレント、グラビアアイドル、女優である。本名、仁科 華子(にしな はなこ)。旧姓、大内(おおうち)。旧々姓、阿知波(あちは)。

仁科克基 多岐川華子

仁科克基 多岐川華子

神奈川県出身。サンミュージックブレーン所属。父親は元俳優でアクターズプロモーション元社長の阿知波信介、母親は女優の多岐川裕美(1997年に離婚、親権は母が持っている)。堀越高等学校卒業。
2世タレント同士のカップルとして注目を集めた夫妻は、昨年1月に婚姻届を提出し、グアムで挙式。同年4月には都内のホテルで250人を招待して披露宴を行った。仲むつまじい夫婦と見られていたが、実際にはすれ違い生活や性格の不一致が原因で関係は破たん。すでに別居している。2人の所属事務所はともに「離婚に向けて代理人を立てて話し合いを始めた、という報告は受けています」と説明した。

© 2012 日本芸能ネットワーク · RSS · Designed by Theme Junkie · Powered by WordPress