Home » 芸能 » 多岐川華子,多岐川華子 放送事故

多岐川華子,多岐川華子 放送事故


多岐川 華子(たきがわ はなこ、1988年9月16日 – )は、日本のタレント、グラビアアイドル、女優である。本名、仁科 華子(にしな はなこ)。旧姓、大内(おおうち)。旧々姓、阿知波(あちは)。

神奈川県出身。サンミュージックブレーン所属。父親は元俳優でアクターズプロモーション元社長の阿知波信介、母親は女優の多岐川裕美(1997年に離婚、親権は母が持っている)。堀越高等学校卒業。

多岐川華子

多岐川華子

多岐川華子略歴

両親の影響から、幼い頃から芸能界を志し、2004年、15歳の時に寿がきやのコマーシャルに出演、芸能活動を開始する。2005年には、写真集『Girl Friend』でグラビアデビューを飾り、母親譲りの清楚なルックスで注目を浴びた。以後、『sabra』等の雑誌グラビアやロッテ、SANKYOなどのテレビコマーシャルで活躍、2006年には、『旅の贈りもの 0:00発』で映画初主演を努め、女優としても活動を開始。また、バラエティ番組では、天然ボケを交えたユニークなキャラクターで注目を浴び、『踊る!さんま御殿!!』など人気番組にも数多く出演、バラエティータレントとしても活動している。私生活では、2010年10月5日に、かねてから交際を続けていた俳優仁科克基(俳優松方弘樹と女優仁科亜季子の長男)と婚約を発表した。2011年1月11日に仁科克基との入籍を自身のブログで発表した。(2012年7月、離婚に向けて協議中の旨が報道された。)そのため仁科亜希子は姑、仁科仁美は小姑、岩井友見と仁科幸子は義理の叔母、十代目岩井半四郎は義祖父となる。

© 2012 日本芸能ネットワーク · RSS · Designed by Theme Junkie · Powered by WordPress