Home » 季節モノ » 秋田犬 画像, 秋田犬 性格

秋田犬 画像, 秋田犬 性格


秋田犬(あきたけん)

[ 日本大百科全書(小学館) ]ヘルプ
Akita dog
哺乳(ほにゅう)綱食肉目イヌ科の動物。家畜であるイヌの1品種で、原産地は秋田県大館(おおだて)、鹿角(かづの)地方である。この地に飼育されていた中形の獣猟犬に他犬種の血を交えて作出されたもので、およそ100年の歴史をもつ。昔は大館犬といわれたこともあった。かつて秋田県で闘犬が盛んだったころには、体格を大きくし格闘力を増すために土佐闘犬や他犬種との交雑が行われ、そのために雑化が目だったことがある。しかし闘犬は1901年(明治34)に禁止され、大正時代に入ってから日本犬保存運動熱もしだいに高まりをみせ、大形日本犬としての改良作出が進み、1931年(昭和6)には国の天然記念物に指定された。本種の保存は第二次世界大戦で打撃を被ったが、戦後再興が図られ、昭和30年代には著しく人気が高まり、ドッグショーへの出場頭数も増加した。立ち耳、巻き尾で堂々とした風貌(ふうぼう)はヨーロッパやアメリカの人々の関心をひき、アメリカ西海岸にも進出、今日のアメリカにおける本種の基礎を築いた。祖先は獣猟犬であったが、現在の本種は猟には用いられておらず、もっぱら家庭犬として根強い人気を保っている。毛色は赤、胡麻(ごま)毛、白、虎(とら)毛などで、尾はかならず背上に巻かねばならない。大きさは体高57.6~70センチメートル、体重約32~47.5キログラムである。

秋田犬

秋田犬

秋田犬は、国の天然記念物に指定されている6つの日本犬種のうち、唯一の大型犬種である。日本人の間では忠犬ハチ公のエピソードで有名であり、主人に忠実な家庭犬の品種として、広く知られている。秋田県で闘犬や狩猟犬として飼育されていたものを品種固定した犬であり、現在も秋田県下を中心に家庭犬としての愛好者が多い。一部自治体では「特定犬」に指定され、檻の中での飼育が義務化されている。

秋田犬

秋田犬

秋田犬性格

大型犬で、体、肢、吻は、がっしりとしている。
毛色は主に赤(茶色)であり、鼻先や眉、腹・手足などが白い裏白。虎(黒色)、白色なども存在する。
三角の立ち耳、クルリと巻いた巻き尾などを特徴とする。
過去には闘犬・狩猟犬として飼育されたルーツから、高い身体能力を誇り、力も非常に強い。
主人には非常に忠実であり、番犬として飼われることも多い。
股関節形成不全、鼓腸症にかかりやすい。

© 2012 日本芸能ネットワーク · RSS · Designed by Theme Junkie · Powered by WordPress