Home » 季節モノ » オスプレイ,オスプレイ事故

オスプレイ,オスプレイ事故


航空の現代:オスプレイ事故
『V-22 (航空機)』より : V-22はアメリカ合衆国 アメリカのベル社とボーイング社が共同で開発したティルトローター機。愛称はオスプレイ(Osprey; ミサゴのこと。オスプリー、オスプレィとも)。初飛行は1989年。ヘリコプターは垂直離着陸ができるが速度が遅く、航続距離も短かかった。対して通常の固定翼機は垂直離着陸はできなかった。もしヘリコプターの利点である垂直離着陸と固定翼機の利点である長い航続距離や高速などが両立できれば非常に有用であり、アメリカ合衆国軍 アメリカ軍は第二次世界大戦直後から両者の利点を持ち合わせた航空機(大戦中にもF5U フライングパンケーキ F5Uの原型機の試験飛行まで漕ぎ着けている)を欲しがって…

オスプレイ

オスプレイ

結論はオスプレイが急角度で降下率の大きな降下をしていたためで、フライト・レコーダーの記録では速度38kt,降下率は毎分1,000フィート以上ということになっている。そこまではまだ良かったのだが、その状態で5~15°のバンク角で右へ急旋回をした。そのため右翼端の前進速度が減り、しかも下向きにぐいと下がった。途端にローターが自分のダウンウォッシュの中に入った。結果として、右翼がパワーセットリングにおちいり、揚力のバランスを失って墜落したと考えられる。
この図は垂直速度(Vv:降下速度)と水平速度(Vh:前進速度)との関係から、危険領域を示したものである。左上の2重円の中が渦輪状態による危険領域で、周囲の斜線部分が警戒領域。この領域にはいると振動がはじまる。また中心は前進速度0.4に対し降下速度0.8くらいのところにあることが読み取れる。このときの降下角度は65°程度である。
V-22はアメリカ合衆国のベル・ヘリコプター社とボーイング・バートル(現ボーイング・ロータークラフト・システムズ)社が共同で開発した軍用機であり、回転翼の角度が変更できるティルトローター方式の垂直離着陸機である。

本機の愛称であるオスプレイ(Osprey、オスプリー、オスプレィ)は猛禽類のタカの一種である「ミサゴ」のことである。

© 2012 日本芸能ネットワーク · RSS · Designed by Theme Junkie · Powered by WordPress