Home » 季節モノ » 光化学スモッグの日,光化学スモッグとは

光化学スモッグの日,光化学スモッグとは


光化学スモッグって何?
排気ガスト
大気汚染は、人体にも影響します
光化学スモッグは、簡単に言うと「汚染物質」です。

太陽からの紫外線と、大気中の物質が「化学反応」をおこしてしまい、汚染物質をつくってしまうのです。そのときに発生される、二次的な汚染物質に「光化学オキシダント」と呼ばれる「光化学スモッグ」が発生するのです。
汚染物質のなかには、PAN(ペルオキシアセチルナイトレート)などの過酸化物や、アクロレイン、アセトアルデヒド、硝酸アルキルエステルなどが認められているが、これらの物質が、複雑な化学変化をおこして生じた、強い酸化性のある物質がオキシダントと総称される。視程障害の原因となるスモッグ粒子についてはまだ未解明の部分が多いが、高分子量の難揮発性成分の凝縮したもの、あるいは、ほかの浮遊粒子の表面に汚染成分が吸着したものなどと考えられている。発生機構、本体などにはまだ不明の点が多く、研究はこれからである。
どんなときに発生するの?
では、どのようなときに「光化学オキシダント」は、発生しやすくなるのでしょうか?

最高気温、25℃以上
日中、2.5時間以上の日照りがある
夏型の気圧配置であること

などの条件が合うと、発生します。このことから、梅雨の合間や、初夏、夏などに多く発生するのがわかりますよね。まさに! これからの時期なのです。
発生するとどうなるの?
光化学スモッグ警報や注意報は、光化学オキシダントの濃度により発令されます。濃度が濃くなると、目や喉などを中心に人体に影響を及ぼしてしまうのです。

© 2012 日本芸能ネットワーク · RSS · Designed by Theme Junkie · Powered by WordPress