Home » 芸能 » 光化学スモッグ,光化学スモッグ注意報

光化学スモッグ,光化学スモッグ注意報


光化学スモッグ注意報
光化学スモッグ(こうかがくスモッグ)は、工場や自動車の排気ガスなどに含まれる窒素酸化物や炭化水素(揮発性有機化合物)が日光に含まれる紫外線の影響で光化学反応をおこし、それにより生成する有害な光化学オキシダント(オゾンやアルデヒドなど)やエアロゾルが空中に停留しスモッグ状になることをいう。

夏に多く、日ざしが強くて風の弱い日に特に発生しやすい。光化学スモッグが発生すると人の健康に悪影響を及ぼすため、大気汚染として問題となる。

光化学スモッグ

光化学スモッグ

日本の発生件数は1970年代をピークに減少傾向にあるが、ヒートアイランドや中国からの大気汚染の流入などの影響により増加している大都市地域もある。
発生しやすい時期・気象条件

5 – 9月。まれに4月や10月にも。
10時頃から17時頃まで。
日中晴れ又は薄曇。日射が強いと発生しやすい。雨の日は発生しない。
気温が高め。
風が強くない。地域により発生しやすい風向きは異なる。
光化学スモッグ注意報、発令!
暑くなってくると必ず、保育園に流れてくる連絡網があります。「ただいま、光化学スモッグ注意報が発令されました!」

光化学スモッグ。皆さんも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか? 小学生の頃にも先生がそんな言葉を言っていて、校庭で遊べなくなった、など。

光化学スモッグについては、現在、子育て中の保護者の方をはじめ、これから子育てをはじめる方も、ぜひ知っておいてほしいものです。皆さんに知ってほしい情報を簡単にまとめましたので、ご覧くださいませ。

© 2012 日本芸能ネットワーク · RSS · Designed by Theme Junkie · Powered by WordPress