Home » 季節モノ » 克己復礼,克己復礼の精神

克己復礼,克己復礼の精神


克己復礼,克己復礼の精神
孔子が「己(の身勝手)に打ち克って礼にかえることが人徳につながる」と論語の中で説いたもの。
謙虚にして積極的に生きるこの姿勢こそすべての向上の源泉である.。
克己復礼由来『論語』顔淵篇
あるとき、孔子の弟子である顔淵が、「仁」とはどういうことかと質問した。孔子は「己に克ち礼を復むことを仁というのだ。つまり、克己復礼という意味は、自分の身勝手は行わないようにして、心では自分を引きしめ、外では、人として行わなければならない礼を行っていくというものであるのだよ。 もし、人が一日だけでも、「克己復礼」を実現できたら、それは、広く世の中に影響を与え、天下の人々がみんな人徳をよいものだと考え、仁に心を寄せるようになるだろう。
己に克ち礼に復る。
自分の良心、理性に従って様々な欲や私心、煩悩を省き、それによって精神全体の調和へと復ること。
人間がその人格を高めるための手段。
孔子の説く礼は一般にいわれるような社会の規範や規則のような表面的なものではなく、真の意味での礼である。
礼の本来の意味は「心から自ずと生ずる自発的規範」であるということが重要なのであり、これは私欲に覆われぬ心、即ち良心と一である。
「ものごとは、なるようになる」ということには、「じたばたしたって仕方ないから開き直るべし」という意味もありますが、今回言いたいことは「因果応報」すなわちあることの結果には、必ずそうなる原因(行動)がある、という意味です。
身勝手に打ち勝ち礼を実践させることは、結局、自分の力によってできることであって、他人の力を待ってできるものではない。すべては、人にもとからそなわっている心の働きによるもので、仁を欲すれば仁は行えるものなのである。」と答えた。

© 2012 日本芸能ネットワーク · RSS · Designed by Theme Junkie · Powered by WordPress