Home » アニメ・漫画 » 俺はまだ本気出してないだけ あらすじ

俺はまだ本気出してないだけ あらすじ


俺はまだ本気出してないだけ あらすじ,俺はまだ本気出してないだけ 映画
「俺はまだ本気出してないだけ」は
青野春秋の漫画作品。
月刊IKKI連載。

単行本は既刊4巻。
5巻で完結する予定だが、しばらく休載している。
※バツイチ・子持ち・40歳の大黒シズオは、ある日、自分探しに目覚め、会社を辞めてしまう…、

それから約一ヶ月、ゲームしたりゴロゴロしたりウロウロしたりとしていたが、
このままじゃいかん!と一念発起、(何故か)マンガ家を目指す事を決意する。

それから約2年、漫画雑誌EKKE編集部に作品の持ち込みを続けるシズオだが、マンガ家デビューの壁は限り無く高かった…。
「このマンガがすごい!2009」が先月発売された。そのオトコ編ランキングに並んだ漫画から、とてもお薦めしたいものがある。
漫画好きと自称する麻生太郎首相にも、ぜひ読んでもらいたい。これを読んでから、ぜひニート対策を練ってもらいたい。

「このマンガがすごい!2009」オトコ篇のランキングは、下記のようになっている。
主な登場人物は、
大黒シズオ=漫画家を目指して、バイトにいそしむ41歳。大黒鈴子=シズオの娘。17歳。大黒史郎=シズオの父。3人暮らしである。

あらすじは、タイトル通り。
「俺はマンガ家になる」と40歳で会社を辞めた大黒シズオ。夢を追いかける生活に入ったが、父親からは顔を見るたびに説教され、幼なじみからは本気で心配され、17歳の娘に温かく見守られるばかりか、おこづかいまでもらう。怠惰と自嘲に埋もれたダメな大人の毎日が描かれている。風貌も小太りな中年親父。若いバイト仲間にはからかい半分で「店長」と呼ばれるイタすぎる男。まことに残念な中年のスライスオブライフなのである。

 

© 2012 日本芸能ネットワーク · RSS · Designed by Theme Junkie · Powered by WordPress