Home » 芸能 » 草なぎ剛 マラソン 完走

草なぎ剛 マラソン 完走


草なぎ剛 マラソン 完走
21日午後7時9分のスタートから24時間55分。痛む足を引きずりながら、司会のタモリと熱い抱擁を交わした。父のように慕う「タモリさんのために」という思いで過酷な挑戦に立候補した草なぎは「つらい時には逆に笑えと(タモリに)言われているので。マジで、超余裕です」と涙をこらえ、笑顔を作った。タモリは「ダメだろうと思ってた。最後までよくやりました!」とサングラスの奥の目を細めてねぎらった。
22日放送のフジテレビ系「FNS27時間テレビ」で100キロマラソンに挑戦したSMAP・草なぎ剛(38)は同日、午後8時4分に無事ゴールインした。最後は、フジテレビ前で待ち受けた木村拓哉(39)と稲垣吾郎(38)の伴走で走りきった。

23年ぶりにタモリが総合司会を務めた、今年の『FNS27時間テレビ 笑っていいとも! 真夏の超団結特大号! 徹夜でがんばっちゃってもいいかな?』。恒例の100キロマラソンには、1995年から『笑っていいとも!』にレギュラー出演する草なぎが、「タモリさんのために走りたい」と自ら志願。この2ヶ月、多忙なスケジュールの合間を縫ってトレーニングを積んできた。

草なぎは前日午後7時過ぎに同局をスタート。快調な走りを見せる草なぎは、スタートから約11時間後の22日午前6時過ぎに、50キロの折り返し地点となる都内の神社に到着。ところが、65ロを過ぎたあたりから、膝の痛みが激しくなり、歩くのが精一杯の状況に。それでも歩みを止めることなく前進し、「気合入れて、はっても行くぜ」と男気をみせ、100キロを走り抜いた。

© 2012 日本芸能ネットワーク · RSS · Designed by Theme Junkie · Powered by WordPress