Home » アニメ・漫画 » 地獄鳥漫画,地獄鳥犬木加奈子

地獄鳥漫画,地獄鳥犬木加奈子


地獄鳥漫画,地獄鳥犬木加奈子
犬木 加奈子(いぬき かなこ、11月28日-)は日本のホラー漫画家。北海道出身。いて座のB型。
一旦は死に、あの世(地獄)に呼ばれた医師・平坂与保。呼んだのは、口から尻まで巨大な釘で串刺しにされた無残な姿の母。そして、鬼の手で脳天に釘を打ち込まれている父の姿も。そこで会った“一番初めに死んだ人間”に、「お前の罪が、この世界を作り出したのだ」と謎の言葉を浴びせられる。現世に逃げ帰った平坂だが、彼は獄卒の地獄鳥の衣を奪ったままだった。地獄鳥は自分の衣を取り戻そうと平坂の後を追うが、現世に入ってしまったことで、赤ん坊として生を受けてしまう。時を超え、時代を超え、因縁の輪廻が回り始めた!──ホラーコミック史上類を見ない、壮大な輪廻転生絵巻!!

地獄鳥

地獄鳥

1987年、講談社『少女フレンド』増刊『楳図かずお特集号』(講談社)に「おるすばん」でデビュー。代表作としては、『学校が怖い』のタイトルでOVA化された『不気田くん』、東映より『フシギのたたりちゃん』のタイトルで映画化された『不思議のたたりちゃん』などがある。作品のいくつかは香港、台湾、韓国など海外でも発行されている。

を問わず多数の作品を、自身の霊体験を元に精力的に執筆している。ただし、不思議な事は好きだが怖いのは苦手。単行本『プレゼント』の印税は、全て寄付された。

大阪芸術大学キャラクター造形学科客員教授。

© 2012 日本芸能ネットワーク · RSS · Designed by Theme Junkie · Powered by WordPress