Home » 芸能 » 地震計,富士山 地震計

地震計,富士山 地震計


地震計,富士山 地震計
地震計(じしんけい)とは地震の際の揺れを計測する機器である。
地震計は地震により発生した地震動(地面の動き)を計測し、記録する機器である。 震度計(正確には「計測震度計」)は、地震計の一種であるが、計測された地震動から計測震度を算出する機能をもつため、特に震度計と別称されている。
地震計を用いて,地震動,すなわち地震による地面の振動を計測するのが地震観測です. 地震による地面の振動と一口に言っても,人間にまったく感じない微小地震クラスでは 振幅が0.001ミクロン(μm)レベル,振動数は数10Hz程度なのに対し, 巨大地震による地震動では振幅が2~3m,周期は数10秒に達します.

地震計

地震計

地震計は、地震動を計測するセンサー及びそれらを記録する計測システムによって構成される。
インテリジェント地震センサSES60は、地震によってもたらされる地震動の加速度を内蔵された小型加 速度ピックアップで検出し、合成加速度や計測震度相当値、それに地震動による構造物の被害状況の 推定値であるSI値を演算・出力する 地震計/地震センサです。また地震動の加速度波形の特長から地 盤の液状化を判定する機能も備えています。
地震計は3成分のセンサーを備え、それらを直交する南北・東西・上下の各方向にそろえて設置することで、地面の三次元的な動きを把握できるように設置することが一般的である。しかしながら、観測目的によっては1つまたは2つの成分のみ計測することや、南北や東西とは異なる方位(例えば、建築構造物に平行な向きなど)にセンサーを配置することもある。

地震計は目的に応じて多様な種類があり、古くは始皇帝の時代に既に存在した地震の揺れにより竜が咥えた鉄球が落下する簡単な仕組みのもの[1]から、地球の裏側で発生した地震の人間には感じないようなわずかな揺れを検知できるもの、震度階級最大の激震が生じても記録できるものまでいろいろである。

気象庁では各地に設置された地震計の情報を集積し、発震時刻と震源地を決定し、マグニチュードを算出する。これに合わせて、津波の発生の予測を行う。 また、震度計の情報もリアルタイムで収集し震度情報として発表する。

© 2012 日本芸能ネットワーク · RSS · Designed by Theme Junkie · Powered by WordPress