Home » 季節モノ » やさしい,やさしい風

やさしい,やさしい風


やさしい,やさしい風
「やさしい悪魔」(やさしいあくま)は、1977年3月にリリースされたキャンディーズの13枚目のシングルである。オリコンでは4作目となるBEST10入りとなった。又キャンディーズとしては「微笑がえし」「わな」に次ぐ、3番目のセールスを記録した。
やさしい解説

衣装デザインは、当時キャンディーズと同じ渡辺プロダクションの所属だったアン・ルイスが担当し、話題となった。

オリコンでは初登場で7位にランクされた。5週後には4位まで上昇するなど、1977年の年間第27位に輝いた。キャンディーズは春の季節には強く、1975年の「年下の男の子」から解散となる1978年の「微笑がえし」まで、4年連続で大ヒットとなっている。

なおキャンディーズは同曲で『第28回NHK紅白歌合戦』(通算3回目)に出場したが、これが最後の紅白出演となった(但し、田中好子は14年後の1991年『第42回NHK紅白歌合戦』に特別審査員で出演)。

「やさしい悪魔」「あなたのイエスタデイ」ともに4月リリースのアルバム『キャンディーズ 1 1⁄2〜やさしい悪魔〜』に収録された。

シングル盤の初回製造分は一般にCD化されている音源とは演奏のパーカッションが異なる通称「木魚バージョン」で発売されたが、すぐに差し替えられた。2008年まで一切CD化されておらず、ファンの問い合わせに対し「マスターテープが見つからない」とソニーが回答していたが、同年9月3日に発売された『キャンディーズ・タイムカプセル』の中の紙ジャケット復刻アルバムの一つである『キャンディーズ 1 1⁄2〜やさしい悪魔〜』にボーナス・トラックとして初めて収録された。

[形][文]やさ・し[シク]《動詞「痩(や)す」の形容詞化で、4が原義》
姿・ようすなどが優美である。上品で美しい。「―・い顔かたち」「声が―・い」
他人に対して思いやりがあり、情がこまやかである。「―・く慰める」「―・い言葉をかける」
性質がすなおでしとやかである。穏和で、好ましい感じである。「気だての―・い子」
身がやせ細るような思いである。ひけめを感じる。恥ずかしい。
「なにをして身のいたづらに老いぬらむ年のおもはむ事ぞ―・しき」
© 2012 日本芸能ネットワーク · RSS · Designed by Theme Junkie · Powered by WordPress