Home » 芸能 » f16,f16戦闘機

f16,f16戦闘機


f16,f16戦闘機
F-16はアメリカ合衆国のジェネラル・ダイナミクス社が開発した第4世代ジェット戦闘機である。愛称はファイティング・ファルコン(Fighting Falcon)。

ジェネラル・ダイナミクス社軍用機部門のロッキード社への売却と、ロッキードのマーティン・マリエッタ併合によるロッキード・マーティンへの改称により、現在はロッキード・マーティン社の製品となっている。
F-16はアメリカの軽量戦闘機計画でゼネラル・ダイナミクス社(現ロッキード・マーチン)によって開発された戦闘機である。アメリカ空軍では次期主力戦闘機としてF-15が採用されることが決まっていたが、F-15は高性能であると共に高価な戦闘機であったために、F-4とF-104全機の更新が難しく十分な数を揃えることが出来なかった。そのためにF-15を補完する低コストな戦闘機の開発が求められ、LWF(軽量戦闘機)計画が始まった。この計画においてYF-16とYF-17が試作されたが、YF-16が採用されF-16となった。(YF-17は後にF/A-18として海軍に採用されている)

f16

f16

F-16は胴体と主翼が一体化したブレンディットウイングボディを持ち、機内容量の増加や空気抵抗の減少、重量の低減などを実現している。機体フレームはジュラルミンなどアルミニウム合金78.4%、高張力鋼11%、複合材3%、チタン合金0.8%、GFRP6.8%で構成されている。

操縦系統には航空機として初めてフライ・バイ・ワイヤ機構を採用し、パイロットの操作を電気信号に変換しコンピュータで制御して昇降舵などを動かしている。操縦系統は4重となっており、メカニカルのバックアップは持っていない。従来の油圧式に比べ軽量で故障が少なく、CCV技術を用いた飛行制御により、軽快な運動性能と高い操縦性を得ている。導入されたCCV技術の例としては機体の縦方向の安定性を意図的に低下させて運動性を高めるRSS(静安定緩和)や飛行状態に応じて主翼前後縁のフラップを最適な位置に動かして旋回性能を向上させるMLC(機動荷重制御)があり、また、9G以上の負荷や最大でも25.2度以上の高迎え角が発生しないように機体が自動制御されている。これらにより低高度域での機動性はF-15をも凌いでいる。

操縦桿は一般的な中央配置ではなくコクピット右コンソールに配置するサイド・スティックとし、シートリクライニング角を30度と大きくすることでパイロットの対G能力を高めている。操縦桿自体も前後左右2.5mmとほとんど動かない感圧式となり、操縦桿を動かした量ではなく操縦桿に加わる圧力を感知してそれに応じて舵面変角量を制御している。

エンジンはF-15と同じプラット&ホイットニー社F100を単発で装備、後にゼネラル・エレクトリック社のF110も使用できるようになった。

F-16はコスト削減のため既製品の使用や部品の共通化、F-15のエンジンを単発で使用するなどし、安価で小型軽量かつ高性能な戦闘機となり世界各国で採用され、現在までに4000機以上が生産されるベストセラー機となった。

© 2012 日本芸能ネットワーク · RSS · Designed by Theme Junkie · Powered by WordPress