Home » 結婚・恋愛 » 板尾の嫁,板尾の嫁 初代

板尾の嫁,板尾の嫁 初代


板尾の嫁,板尾の嫁 初代
板尾 創路(いたお いつじ、1963年(昭和38年)7月18日 – )は日本のお笑いタレント、俳優であり、お笑いコンビ・130Rのボケ担当である。相方はほんこん。愛称はイッツジー。

大阪府富田林市出身。父は川柳家の板尾岳人。よしもとクリエイティブ・エージェンシー(吉本興業)所属。吉本総合芸能学院(NSC)4期生。既婚。血液型A型。身長177cm、体重62kg。
テレビ番組『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』に登場する外国人女性の通称。本名はシェリーというらしい(URL参照)。しばしばマドンナの『マテリアルガール』『ライク・ア・ヴァージン』『フラッシュダンス』などをBGMに乱舞する。なお、ここでいう“板尾”とは、お笑い芸人の板尾創路のこと。板尾自身は既婚者ではあるが、板尾の本当の嫁は外国人ではない。

板尾の嫁

板尾の嫁

経歴
ケーキ屋「パルナス」三国ヶ丘店(堺市北区)に勤める両親の息子として生まれる。中学・高校(柏原高校(現・東大阪大学柏原高等学校)卒業後、551蓬莱に就職するもしばらくして退職、その後は色々な職を経験し、10代の頃にケーキを持って島田紳助の家にいきなり押しかけ、弟子入りを志願したことがある。紳助には当時すでに弟子が1人いたため断られるが、吉本興業のタレント養成所であるNSCへの入学を勧められ、のちに同校の第4期生として入学した。

NSCでは「ホンコン・マカオ」というコンビを組み、「ホンコン」の芸名を名乗ったが程なくコンビ解消。のちに同期の蔵野孝洋(現・ほんこん)に「ホンコン」の名を譲り渡した(ほんこん参照)。

その後ダウンタウンが司会を務めていた『4時ですよーだ』に出演したりしていたが、1991年よりフジテレビ系列『ダウンタウンのごっつええ感じ』にレギュラー出演したのを機に、全国にその名を知られるようになる。

 

 

© 2012 日本芸能ネットワーク · RSS · Designed by Theme Junkie · Powered by WordPress