Home » 芸能 » 立花理佐,立花理佐 画像

立花理佐,立花理佐 画像


立花理佐,立花理佐 画像
立花理佐歌手、女優。「おしゃれイズム」に息子と出演
立花 理佐(たちばな りさ、本名並びに旧姓名:橘 理佐(読み同じ)、1971年10月19日 – )は、日本の歌手、女優、タレント。所属事務所は個人事務所。大阪府大阪市西成区出身。明治大学付属中野高等学校定時制中退。
立花理佐略歴

小さい頃から芸能界に憧れ、タレント養成所ジャパン・アーチスト・オフィスに入所しレッスンを積む。
1986年、『第1回 ロッテ CMアイドルはキミだ!コンテスト』でグランプリ獲得。

(ちなみに第2回のグランプリは相川恵里、第3回は山中すみか、第4回は宍戸留美)。

立花理佐

立花理佐

これを機に、レコード会社東芝EMI、事務所「ビックワン」と契約。

白石まるみが1982年に発売したデビュー曲「オリオン座の向こう」(作詞:呉田軽穂、作曲・編曲:松任谷正隆)をカバーしてデビューする予定で準備を進めていた。

立花のもとにTBS系連続ドラマ『毎度おさわがせしますIII』の主人公のオーディション話が舞い込んできた(後藤久美子が主演を降板したため)。

立花理佐

立花理佐

主人公・はるかは「物怖じせずに自己主張が出来て、男の子にも負けない気の強い女の子。不良っぽいことやエッチなことに興味津々だが、どこか幼さの残る10代の女の子」。人気ドラマのシリーズであり、ある程度の視聴率は獲得出来る。しかし、設定上、下着のシーンや際どいセミヌード、キスシーンもある。共演者の裸(男女問わず)も目の当たりにする。新人の立花には躊躇する条件であったが、このドラマからトップアイドルに登り詰めた中山美穂に続きたいと思い、オーディションに臨み、見事に主役の座を勝ち取った(故に前述の曲でのデビューはお蔵入りとなった)。

前二作のシリーズの主役、中山からバトンを渡されたことや周囲からの期待や揶揄が大きなプレッシャーとなったが、立花はただひたすらに撮影に全力を傾けるほかなかった。

 

© 2012 日本芸能ネットワーク · RSS · Designed by Theme Junkie · Powered by WordPress