Home » 芸能 » ビルドアップ 福島, ビルドアップ 福島県

ビルドアップ 福島, ビルドアップ 福島県


ビルドアップ 福島, ビルドアップ 福島県
福島第一原発で作業員の被ばく量を少なく装うよう指示したとして、福島労働局などは21日、関連会社などを立ち入り調査した。
被ばく量の偽装を指示したのは、福島第一原発で配管の凍結防止工事を下請けしていた福島・浪江町の建設会社「ビルドアップ」の役員。去年12月、作業員が被ばく量を少なく装うため、鉛のカバーで覆われた線量計を約3時間使ったとされている。9人が作業にあたり、このうち数人が役員の指示に従ったとみられている。
ビルドアップ・和田孝社長は「役員が鉛のカバーを作業員に強要して作らせた。放射線量を低減しようと考えたと役員が話している」としている。
作業員の被ばく限度は年間50ミリシーベルトで、被ばく量が少ないほど長く原発での作業に携わることができる。
東京電力福島第一原子力発電所の事故の収束作業で、工事の一部を請け負った会社の役員 が作業員に対して線量計に放射線を通しにくい鉛のカバーをして被ばく線量を少なく装うよう 指示していた疑いがあることが分かったとして、厚生労働省は近く会社の関係者から話を 聞くなど調査を始めることにしています。

厚生労働省によりますと、被ばく線量を少なく装うよう指示していた疑いが出ているのは、 福島県浪江町の設備メンテナンス会社「ビルドアップ」の役員です。 この会社は、東京電力が発注した福島第一原子力発電所の放射線が高い現場で配管が 凍結しないための工事を請け負っていましたが、厚生労働省によりますと、去年12月、 役員が作業員十数人に対してそれぞれが身につける線量計に放射線を通しにくい鉛のカバーを して被ばく線量を少なく装うよう指示したという情報が寄せられたということです。

© 2012 日本芸能ネットワーク · RSS · Designed by Theme Junkie · Powered by WordPress