Home » 芸能 » ギャルみこし,天神祭 ギャルみこし

ギャルみこし,天神祭 ギャルみこし


ギャルみこし,天神祭 ギャルみこし
天神祭(てんじんまつり、てんじんさい)は、全国の天満宮(天神社)で催される祭り。祭神の菅原道真の命日にちなんだ縁日で、25日前後に行われる。一年のうち1月の初天神祭など、ある月に盛大に行われることがある。各神社で行われる天神祭の中では、大阪天満宮を中心として大阪市で行われる天神祭が有名である。以下より大阪天神祭のことについて記述する。
どんどこ船

ギャルみこし

ギャルみこし

日本三大祭(他は、京都の祇園祭、東京の神田祭)の一つ。また、生国魂神社の生玉夏祭、住吉大社の住吉祭と共に大阪三大夏祭りの一つ。期間は6月下旬吉日 – 7月25日の約1ヶ月間に渡り諸行事が行われる。特に、25日の本宮の夜は、大川(旧淀川)に多くの船が行き交う船渡御(ふなとぎょ)が行われ、奉納花火があがる。大川に映る篝火や提灯灯り、花火などの華麗な姿より火と水の祭典とも呼ばれている。他に鉾流神事(ほこながししんじ)、陸渡御(おかとぎょ)などの神事が行われる。24日宵宮、25日本宮。

ギャルみこし

ギャルみこし

天神祭(24、25日)を盛り上げる恒例の「ギャルみこし」が23日、大阪市北区の天神橋筋商店街など延べ4キロを
練り歩き「わっしょい、わっしょい」と威勢のいいかけ声を響かせた。担ぎ手のギャルたちは、重さ約70キロのてんびん
棒を担ぐなど厳しい選考会を勝ち抜いた力自慢ばかり。約330人の応募者から15~30歳までの女性80人が集まった。

ねじり鉢巻きで白地に赤の華やかな法被を着た女性たちは、汗だくになりながら重さ約200キロのみこし2基を担ぎ上
げ、商店街は熱気に包まれた。

ギャルみこし初参加の河内長野市の大学2年生、舩山真依さん(20)は「めちゃめちゃ暑いけど、笑顔と大声で盛り上
げます」と話していた。

© 2012 日本芸能ネットワーク · RSS · Designed by Theme Junkie · Powered by WordPress