Home » 美容 » スペランカー,スペランカー体質

スペランカー,スペランカー体質


スペランカー,スペランカー体質
『スペランカー』 (Spelunker) は1983年に発売されたアクションゲーム。迷宮の最下層を目指すサイドビューのアクションゲーム。
その昔、多くの少年たちを惹きつけ今にいたる衝撃の発光ダイオード付きのゲーム。あの時何故そのカセットを手にしてしまったのか、、、。謎に満ちているゲームスペランカーの真相にせまる。
スペランカー症候群

突然ですが、スペランカーというゲームをご存知でしょうか?

ファミコン世代の人なら知ってると思いますが、プレステ世代の人たちはピンとこないと思います。
このゲームに出てくる主人公は、とても虚弱体質で、リン酸カルシウムが著しく不足していることから、アクションゲーム史上「最弱の主人公」と呼ばれてました。(詳細はwikiで)

怪我が多い者に対しての、含みのある代名詞としても使用され、
近年では、オリックスの清原和博や浦和レッズの小野伸二がそれに当てはまります。
メタボリック症候群やエコノミークラス症候群の方が有名ですが、
ファンを「やきもき」させるという意味では、こちらの方が悪質です。

このスペランカー症候群。一度この体質になるとなかなか抜け出せません。
小野伸二は、2006年にオランダから戻ってきてからというもの、
負傷している時期のほうが長いように錯覚してしまいます。

達也・闘莉王・エスクデロも、最近この体質に悩まされています。
とくにエスクデロの状態は深刻です。
2006年夏に「太もも部分筋断裂」という大怪我をして以来、
半年間も治療の為に、シーズンを棒に振りながら、今季はたった1分間しか姿を見せず、
「右太もも肉離れ」を悪化させて、またシーズンを棒に振ってしまいました。
このままだと「浦和の秘密兵器」が秘密のままで終わってしまいます。
一刻も早く回復して、その威力を浦和ファンに見せつけてやってください。
そこで私はそれを『質問』というよりは『ネタ振り』と捉え、リンク先のような回答をしました。
あれやこれや深くは考えず、思いついたことをつらつらと書き綴ったらあんな感じになりまして。

すると、その回答を見たTwitterのフォロワー、「ひろこ」さんに見ていただいたようで、
数日後、突如「漫画描いたんですけど公開してもいいですか?」というダイレクトメールが。
死ぬほどドッキリしましたが、いざ公開していただいたものを見て更にドッキリ。

© 2012 日本芸能ネットワーク · RSS · Designed by Theme Junkie · Powered by WordPress