Home » 季節モノ » 過炭酸ナトリウム

過炭酸ナトリウム


過炭酸ナトリウム
過炭酸ナトリウム(かたんさんナトリウム、sodium percarbonate)は、化合物で、炭酸ナトリウムと過酸化水素が 2:3 のモル比で混合された付加化合物。化学式は 2Na2CO3•3H2O2 または Na2CO3•1.5H2O2 と表される。水溶性の無色の固体で水溶液は弱塩基性である。
酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)入りの石鹸を作りたい、というご質問をいただきました。

質問のポイントは「コールドプロセスの固形石鹸を作る過程で過炭酸ナトリウムを混ぜ込む方法」です。
実は一度試されて、保温中にタネが膨らんでイギリス食パンのようになってしまったのだそうで、なぜ膨らむのか、膨らませないで作るにはどうしたらよいかというご質問でした。

過炭酸ナトリウム

過炭酸ナトリウム

まずはじめに酸素系漂白剤、過炭酸ナトリウムとはどんなものなのか、次に石鹸との相性、そしてコールドプロセス製法について考えてみたいと思います。
過酸化水素水と同様に酸化力を持つため、漂白剤、除菌剤、消臭剤として用いられる。家庭向けに酸素系漂白剤として市販されている粉末には、ほとんどの場合この化合物が成分として含まれている。洗濯用の合成洗剤で、白さを強調している製品や除菌効果を強調した製品にも少量の過炭酸ナトリウムが添加されている。

水溶液は放置するだけで炭酸ナトリウムと過酸化水素とに分解する。その後、過酸化水素は放置するだけで水と酸素に分解する。炭酸ナトリウムはほぼ無害な物質であり、従って過炭酸ナトリウムは使用に伴う環境への悪影響が少ない。

過炭酸ナトリウムに代表される酸素系漂白剤と対置されるものに、次亜塩素酸ナトリウムに代表される塩素系漂白剤がある。塩素系漂白剤は、特異な塩素臭を持ち、漂白過程でトリハロメタンをはじめとする有機塩素化合物を生成して環境汚染の原因となる。

© 2012 日本芸能ネットワーク · RSS · Designed by Theme Junkie · Powered by WordPress