Home » 芸能 » ベーリング海|ベーリング海 地図

ベーリング海|ベーリング海 地図


ベーリング海
ベーリング海(ベーリングかい、Bering Sea)は、カムチャツカ半島とチュコト半島、スワード半島、アラスカ本土、アラスカ半島、アリューシャン列島に囲まれた太平洋最北部の海。

セントローレンス島、ヌニヴァク島、プリビロフ諸島などの島があり、ベーリング海峡で北極海に繋がる。面積は231万km2。都市は、アメリカ側のアラスカ州にはノームなどが、ロシア側のチュクチ自治管区にはアナディリがある。ベーリング海内の湾には、ロシア側のアナディリ湾、アメリカ側のブリストル湾、ノートン湾などがある。

「ベーリング海」は、北太平洋?最北部の海域で、ベーリング海峡を介して、北極海?のチュコト海に連なっている。

ベーリング海
北西は、カムチャッカ半島?からチュコト半島?にかけての北アジア南岸に縁取られ、北東はアラスカ?に縁取られる。南縁は、アラスカ半島?とアリューシャン列島?とに縁取られる。時として北極圏に含められることもある。

日付変更線が、海域を縦断している。
サケやカニなどの好漁場として知られているが、波は荒々しく、日本近海と同じく難破・遭難などが多い、危険な海である。

ヨーロッパ人として初めてユーラシア大陸とアメリカ大陸が海により分断されていることを発見した、ヴィトゥス・ベーリングにちなんで名づけられた。
海域に最初に到達した欧米人は、おそらく、1648年に氷結した海峡部を横断した、帝政ロシアのコサック出身探検家、セメヨン・デズネフと思われる。
18世紀に、デンマーク産まれの帝政ロシア海軍軍人だったヴィトゥス・ベーリング?らは、はじめての組織的調査を海域でおこなった。。
ベーリングは、ユーラシア大陸?と北アメリカ大陸とが、ベーリング海峡で分断されていることを、学術的にはじめて確認。海域名を命名すると共に、世界に知らしめた。
ベーリングによる探索以前の旧称は、「カムチャッカ海」。

© 2012 日本芸能ネットワーク · RSS · Designed by Theme Junkie · Powered by WordPress