Home » 芸能 » 木戸修,木戸修 画像

木戸修,木戸修 画像


木戸修,木戸修 画像
木戸 修(きど おさむ、1950年2月2日 – )は、日本のプロレスラー。神奈川県川崎市出身。ビッグマウス所属。褐色の肌と、どんなに激しく動いても乱れないヘアスタイルが特徴。寡黙だが、カール・ゴッチ直伝のグラウンド技術で「いぶし銀」のプロレスラーと呼ばれる。長女はプロゴルファーの木戸愛(めぐみ)。

木戸修

木戸修

木戸修

■1950年2月2日
■神奈川県川崎市出身
■180cm 105kg 血液型A型
■タイトル歴:IWGPタッグ
■得意技:キド・クラッチ 脇固め ネックブリーカードロップ
プロレスラー。

1950年2月2日生まれ。川崎市出身。

デビュー前に練習中の事故で寝たきりになった兄・時夫の無念を晴らすべく1968年10月に日本プロレスに入門し、翌年2月21日の後楽園ホールにおけるVS北沢幹之戦でデビュー。

1972年3月に新日本プロレスの旗揚げに参加、1975年6月には藤波辰己と共に欧州遠征、アメリカに渡りゴッチ道場入門。1981年7月にはメキシコ遠征。
カール・ゴッチ源流のサブミッションを武器に周りの状況がどんなに変わろうと、対戦相手が誰であろうと自身のスタイルを貫き通した。そのこだわりぶりはボディスラムやブレーンバスターなどの汎用的な技でさえあまり使用することはなかったほどである。

脇固め
うつぶせ状態の相手の片腕を肩の付け根付近で脇に挟んでアーム・バーに固め、肩を支点にテコの原理で肩と肘関節を極める。新日本〜UWFと盟友だった藤原喜明と共に随一の使い手でどんな体勢からでも一瞬でこの技に切って落とす仕草が最大の見せ場でもあった。
時に直角にもなるそれは高角度脇固めとも呼ばれた。
キド・クラッチ
木戸のオリジナル技でフォール率が極めて高い。相手が屈んだ状態のとき脇固めを仕掛け、相手が前転で逃れようとした際に片腕で相手の片足を捕え、背中越しにエビ固めに捕える。IWGPタッグ戦で木村健吾相手に初披露。この技で第2代王者となった。
スイング式ネックブリーカー
ロープに振られ、ショルダースルーを狙った相手が屈んだ所を蹴り上げてこの技に移行するのがパターンの一つであった。
木戸のこの技を指す場合、ネックブリーカー・ドロップと呼称されることがほとんどであったが、厳密には間違いである(詳しくはそれぞれのリンク先を参照)。
キド蹴り
正面から足の外側で相手の胸や腹を下から蹴り上げる技。つま先で腹を蹴るトーキックとは違い反則では無い。しかし通常のトーキックも木戸が放つとこう呼ばれていた。
ドロップキック

© 2012 日本芸能ネットワーク · RSS · Designed by Theme Junkie · Powered by WordPress