Home » アニメ・漫画 » ベーリング海の一攫千金|ベーリング海の一攫千金 DVD

ベーリング海の一攫千金|ベーリング海の一攫千金 DVD


ベーリング海の一攫千金を批判する 海を往く者/ウェブリブログ
ベーリング海(ベーリングかい、Bering Sea)は、カムチャツカ半島とチュコト半島、スワード半島、アラスカ本土、アラスカ半島、アリューシャン列島に囲まれた太平洋最北部の海。

ベーリング海の一攫千金(ベーリングかいのいっかくせんきん、原題:Deadliest Catch)は、アメリカ合衆国のドキュメンタリー番組。ディスカバリーチャンネルで2005年から放送されている。ベーリング海のカニ漁の人間を追った番組で、現在までに7シーズンが作られた。なお、日本国内では2011年10月から第7シーズンが放送された。

撮影はカニ漁の船にクルーとともに乗り込み、寝食を共にし行われており、毎シーズンの最後には撮影秘話や撮影の裏側を編集した総集編が放送される。 また、カニ漁の過酷な現場とそれに携わる人々のありのままを放送しているが、かなり荒々しい職場のため撮影対象の感情表現などもストレートなものが多く 「ピー音」による自主規制が多く入るのも番組の特徴ともいえる。

セントローレンス島、ヌニヴァク島、プリビロフ諸島などの島があり、ベーリング海峡で北極海に繋がる。面積は231万km2。都市は、アメリカ側のアラスカ州にはノームなどが、ロシア側のチュクチ自治管区にはアナディリがある。ベーリング海内の湾には、ロシア側のアナディリ湾、アメリカ側のブリストル湾、ノートン湾などがある。

サケやカニなどの好漁場として知られているが、波は荒々しく、日本近海と同じく難破・遭難などが多い、危険な海である。

ヨーロッパ人として初めてユーラシア大陸とアメリカ大陸が海により分断されていることを発見した、ヴィトゥス・ベーリングにちなんで名づけられた。
ディスカバリーチャンネルのエミー賞候補シリーズ、「ベーリング海の一攫千金」。強風が吹き荒れ、激しい波が襲う、凍てつく北の海に、タフな奴らが帰ってきた。タラバガニとズワイガニを求め、死と隣り合わせの漁場に向かう漁師たちが直面する壮絶なカニ漁。その極限状況を克明に追った至高のドキュメンタリー…「ベーリング海の一攫千金」。ついに4度目のシーズンが始まる。慣れない環境で必死に作業する新人乗組員、漁船のトラブル、不漁と大漁、流氷と嵐…百戦錬磨の船長たちと乗組員たちの運命やいかに。

「ベーリング海の一攫千金」は、ベーリング海で、今や伝説的となった5 隻の蟹漁船の船長と船員たちが、世界で最も危険極まりない、かつ最も儲かる仕事の一つを行う姿を追う。勇敢な男達は氷点下の極寒の天候、時速26kmを超える強風、4 階建てのビル程の高波が荒れ狂う海に耐え、多くて毎晩3,4 時間の睡眠で働く。天候の悪夢に加え、4000 リットルもの水が30 秒ごとに甲板で砕け、漁船に当たり、凍りつく。漁船の上部が重くなりすぎ、転覆するのを防ぐため、甲板員は漁を中断し、大型ハンマーで氷を取り除く作業に何時間も割くのだ。

Episode 1
「どうか無事に帰ってきて!」カニ漁の船団が現代のゴールドラッシュよろしく、タラバガニの群れを追って出航する。ウィザード号は荒れた海で船体を損傷し、ダッチハーバーへ着くことも危ぶまれていた。ノースウエスタン号では新しいシンボルがお披露目され、タイムバンディット号にはジョナサンの息子スコットが乗り組んだ。そしてウィザード号では2人の新人が漁について教わり、ノースウエスタン号は出航前の修理に追われていた。

Episode 2
出航した漁船の乗組員たちは、嵐の海で奮闘中。ウィザード号では新人2人のうちひとりが、48 時間しか経っていないのに音を上げ始めた。ノースウエスタン号は高波に翻弄され、最初に引き揚げたカゴはクラゲの方が多いという結果。タイムバンディット号のクルーは、コーネリアマリー号にいたずらをしかけていた。コーネリアマリー号は、いつもより早く漁を開始したが成果は空振り。そして、アーリードーン号は新たな獲物を捜していた。

Episode 3
大当たりを出したのはタイムバンディット号。その一方で、ウィザード号は機械故障によりペースダウンを余儀なくされていた。ノースウエスタン号も好漁となったが、新人の獲ったカニの数え方に不安を覚えるシグ船長だった。さらに機械故障が起こり、エドガーが危険な修理を試みる。コーネリアマリー号は不漁で、ストレスのたまったフィル船長の健康状態が悪化。アーリードーン号は獲物を変更し、最初のカゴを荒れた海に投下する。

© 2012 日本芸能ネットワーク · RSS · Designed by Theme Junkie · Powered by WordPress