Home » アニメ・漫画 » 千と千尋の神隠し,千と千尋の神隠し 都市伝説

千と千尋の神隠し,千と千尋の神隠し 都市伝説


千と千尋の神隠し,千と千尋の神隠し 都市伝説
『千と千尋の神隠し』(せんとちひろのかみかくし)は、スタジオジブリの長編アニメーション映画。監督は宮崎駿。2001年7月20日に日本公開。
千と千尋の神隠し 都市伝説
10歳の少女、荻野千尋(おぎの ちひろ)はごく普通の女の子。夏のある日、両親と千尋は引越し先の町に向かう途中で森の中に迷い込み、そこで奇妙なトンネルを見つける。嫌な予感がした千尋は両親に「帰ろう」と縋るが、両親は好奇心からトンネルの中へと足を進めてしまう。仕方なく後を追いかける千尋。

千と千尋の神隠し

千と千尋の神隠し

10歳の千尋(声・柊瑠美)が両親と共に引越し先の家に向かう途中、不思議な町に迷い込んでしまう。そこは、神々のためのお風呂屋を経営する魔女、湯婆婆(声・夏木マリ)に支配された妖怪の町だった。貪欲な両親はブタの姿に変えられてしまい、千尋は生まれて初めて一人ぼっちになってしまう。名前を千と変えられた彼女は、生き抜くために奇妙な妖怪たちを相手に必死に働き始める。
出口の先に広がっていたのは、広大な草原の丘だった。地平線の向こうには冷たい青空が広がり、地面には古い家が埋まっていて瓦屋根が並んでいる。先へ進むと、誰もいないひっそりとした町があり、そこには食欲をそそる匂いが漂っていた。匂いをたどった両親は店を見つけ、断りもなしに勝手にそこに並ぶ見たこともない料理を食べ始めてしまう。それらの料理は神々の食物であったために両親は呪いを掛けられ、豚になってしまう。一人残された千尋は、この世界で出会った謎の少年・ハクの助けで、両親を助けようと決心する。

© 2012 日本芸能ネットワーク · RSS · Designed by Theme Junkie · Powered by WordPress