Home » 美容 » 風疹,風疹 症状,風疹 症状 大人

風疹,風疹 症状,風疹 症状 大人


風疹,風疹 症状,風疹 症状 大人
風疹(ふうしん、英: Rubella)は、ウイルス感染症の一種。

一般に日本では三日はしかとしても知られ、英語では「German measles(ドイツはしか)」とも呼ばれている。風疹にかかった人は免疫ができ、二度とかからないといわれるが、ごくまれに再感染の事例はある。かつて、5〜9年ごとに大きな流行があり多数の感染がみられ、2005年以降急速に患者が減少していたが、2012年に入り兵庫県で本州最多感染関西・首都圏中心に本州で感染拡大し流行中伝染力は水痘、麻疹(はしか)より弱い。妊娠初期に妊婦が感染した場合の先天性風疹症候群が大きな問題となる。効果的な治療法は無く、ワクチンによる予防が最も重要である。
風疹臨床症状
風疹患者の紅斑
先天性風疹症候群の一つ・白内障になった新生児の眼

潜伏期間は2~3週。
初期症状(発疹の1−5日前)は微熱、頭痛、倦怠感、鼻水、せき、痛みのないバラ色の口蓋斑点。(典型的な3症状である紅色斑丘疹、発熱、頸部リンパ節腫脹が現れない場合、溶血性レンサ球菌による発疹、伝染性紅斑などと識別するため病原診断を行うことがある。)
顔、耳後部から、赤く癒合性のない点状の紅斑(発疹)が全身に広がり、多くは 3日~5日程度で消える。(20~25%は発疹が出現しない)
発症者の約25~50%に、38~39度前後の発熱が3日程度続く。
耳介後部、後頭部、頚部のリンパ節の腫れ。発疹出現5~10日前から数週間にわたりみられる。
眼球結膜の軽度充血や、肝機能障害が見られる場合がある。
小児では咽頭炎のみや無症候性感染が多い

© 2012 日本芸能ネットワーク · RSS · Designed by Theme Junkie · Powered by WordPress