Home » 美容 » 風疹 予防,風疹 予防接種

風疹 予防,風疹 予防接種


風疹 予防,風疹 予防接種
ワクチン接種,による予防
風疹概説
病原体は風疹ウイルスです。約5年の周期で、晩冬から春、初夏に流行します。25~50%は不顕性感染です。感染経路は鼻咽頭分泌液の飛沫感染(ひまつかんせん)で、潜伏期は、14日~21日です。感染可能期間は潜伏期の後半から発疹出現後5~7日間で(学校における出席停止の基準は発疹消失まで)、感染力は麻疹(はしか)より弱く、小児期に感染を免れ、成人で罹患(りかん)することがあります。
妊娠初期に妊婦が感染すると、難聴などの先天異常の子どもが生まれます。1964年米国、1965年沖縄で先天性風疹症候群が多発しました。1969年以降、世界で風疹ワクチンの接種が行われるようになりました。
ワクチン接種
小児期に予防接種が行われている。定期接種ではあるが、風疹の予防接種をしていない人も多い。以前は中学2年生に接種が行われており、特に1979年4月2日~1987年10月1日に産まれた人は法律の変わり目の時期に中学校時代を過ごしているため、予防接種を受けていない人が多い。但し自治体によっては移行期間を設けて、法律の変わり目に生まれた人は従来どおりの接種時期でも受けることが出来るようにしたところもある。予防接種の徹底したアメリカ等では日本人の入国に際して風疹の予防接種を行う指導がなされていたりする。なお、アメリカの医学書では日本や日本人は風疹の感染源として説明されている程である。

妊娠可能年齢の女性で風疹抗体が無い場合、ワクチン接種はCRSを予防する観点からも強く推奨されているが、妊娠中のワクチン接種は避ける。ワクチン接種後は2ヶ月間の避妊が必要。2006年4月以降、新規にワクチンを接種する1歳以上2歳未満の幼児からは麻疹・風疹混合ワクチンを接種することとなった。授乳中の母親がワクチン接種を受けた場合、乳を飲んでいる赤ちゃんに、ワクチン・ウイルスが感染し赤い発疹が出る事があるが、重い合併症は起こさない。
風疹症状
バラ紅色の丘疹(きゅうしん)、リンパ節腫脹(しゅちょう)、微熱が主な症状です。発疹は、顔、耳の後ろから頭、体、手足へ広がります。発疹は融合の傾向は少なく、色素沈着や落屑(らくせつ)を伴いません。リンパ節腫脹は発疹出現の数日前から現れ、頸部、後頭部、耳の後ろに認めやすくなります。

© 2012 日本芸能ネットワーク · RSS · Designed by Theme Junkie · Powered by WordPress