Home » 時事 » メジロライアン 死亡

メジロライアン 死亡


メジロライアン 死亡
1991年の宝塚記念(GI)に優勝したメジロライアン号(牡・29歳)は、3月17日(木)の朝、老衰のため死亡したとの連絡がありましたので、お知らせいたします。
メジロライアン(1987年4月11日 – 2016年3月17日)は、日本の競走馬、種牡馬。
中央競馬クラシック三冠競走で惜敗を続けたのち、1991年の宝塚記念に優勝。大物感を漂わせる馬体や、反面の惜敗の多い成績から女性ファンを中心として人気を博した。のちに中央競馬の関東トップ騎手となる横山典弘に大きな影響を与えた馬としても知られる。1993年より種牡馬となり、GI競走5勝を挙げたメジロドーベル、天皇賞(春)優勝馬メジロブライトらを輩出。内国産種牡馬不遇とされた1990年代半ば以降に有力馬として活躍した。2007年に授精率低下のため種牡馬引退。
半姉に重賞競走2勝のメジロフルマー(父ロンバード)と京都大障害(春)優勝馬メジロアニタ(父メジロエスパーダ)がいる。
馬名は馬主メジロ牧場の冠名「メジロ」に、メジャーリーグベースボールの通算最多奪三振投手ノーラン・ライアンの「ライアン」を加えたものである[1]。
※馬齢は日本で2000年以前に使用された旧表記(数え年)で統一して記述する。
同馬は、北海道虻田郡洞爺湖町成香308のレイクヴィラファームにて繋養され余生を送っていました。

◆レイクヴィラファーム 岩崎義久氏のコメント
「現役時代から多くのファンに応援をしていただきありがとうございました。
種牡馬を引退してからこちらに移動してからも多くのファンが毎年会いに来てくださいましたので残念でなりません。
応援してくださった方々に、この場を借りてお礼申し上げます。」

メジロライアン号
1991年 宝塚記念(GI)
1991年 宝塚記念(GI)
◆ 生 年 : 1987年
◆ 毛 色 : 鹿毛
◆ 競走成績 : 19戦7勝
◆ 主な勝鞍 :
1990年 報知杯弥生賞(GII)
京都新聞杯(GII)
1991年 宝塚記念(GI)
1992年 日経賞(GII)

© 2016 日本芸能ネットワーク · RSS · Designed by Theme Junkie · Powered by WordPress