Home » 時事 » クラシコ 2015,スアレス決勝弾でバルサがクラシコ制す…レアルを突き放し首位キープ

クラシコ 2015,スアレス決勝弾でバルサがクラシコ制す…レアルを突き放し首位キープ


スアレス決勝弾でバルサがクラシコ制す…レアルを突き放し首位キープ
22日のリーガエスパニョーラ第28節、バルセロナは本拠地カンプ・ノウでのレアル・マドリー戦を2-1で制した。決勝点を記録したFWルイス・スアレスは試合後、自身にとって特別なゴールになったとの感想を述べている。

ウルグアイ代表FWは、スペイン『TV3』との試合後インタビューで次のようにコメントした。

「現時点ではバルサで決めた最も重要なゴールだ。決めた相手もあって最上級の意味を持つものだね。最終ラインのスペースを生かした後、センターバックに時間を与えないようにできるだけ早くシュートまで持ち込んだ。幸運にもうまくいったね」

クラシコ

「ロッカールームは喜びに満ちている。僕たちは首位を走るため、勝ち点差を広げるために重要な試合であることを意識していた」

チーム全体のパフォーマンスについて問われると、望むような試合運びができなかったとの見解を示している。

「彼らの望んでいた攻守が激しく入れ替わる展開となり、バルサというチームを特徴付ける試合のコントロールができなかった。僕たちはよりダイレクトにプレーして、一方の彼らは強靭なプレッシングを仕掛けてきたね。ただ前半はボールを保持できなかったが、後半にはもっと良いプレーを見せようと試みた。うまくいくまで繰り返したよ」

クラシコ

2位マドリーとの勝ち点差を4に広げたバルセロナだが、L・スアレスはまだ多くの試合が残されていることを強調した。
クラシコ(スペイン語: El Clasico カタルーニャ語: El classic)は、スペイン語で「伝統の一戦」(英語で言うところの”The Classic”)を意味し、サッカーのスペインリーグ、リーガ・エスパニョーラのレアル・マドリードとFCバルセロナの試合のことを指す。スペインダービー(Derbi espanol)とも呼ばれ、数あるナショナルダービーの中でも最も注目を集めるものの1つである。
ここから派生して、各国サッカーリーグの「ナショナルダービー」、またはそれに準ずる試合について「クラシコ」と表記する試合が多数ある(多摩川クラシコ他)。

© 2015 日本芸能ネットワーク · RSS · Designed by Theme Junkie · Powered by WordPress