Home » 時事 » 野々村竜太郎,野々村竜太郎 現在,野々村竜太郎 カツラ

野々村竜太郎,野々村竜太郎 現在,野々村竜太郎 カツラ


野々村竜太郎
野々村竜太郎に関する、画像・エピソードなどのまとめ一覧ページ。兵庫県出身、関西大学法学部法律学科卒業。地域政党「西宮維新の会」の初代代表を務めている。2014年、政務活動費問題で号泣釈明会見を開き、ネットで話題に。同年7月11日に兵庫県議会議員について議員辞職を表明した。
野々村竜太郎(ののむら りゅうたろう、1966年7月29日 – )とは、日本の政治家である。元兵庫県議会議員(西宮市選挙区、当選1回)。

政治団体「最後の希望」(旧名:西宮希望の女神、旧々名:西宮維新の会)所属。
1966年7月29日、大阪府大阪市に生まれる。名門進学校として知られる大阪府立北野高校に入学(1年次に留年)。卒業後は関西大学法学部を経て川西市役所に15年近く勤めたのち、2007年11月をもって退職。翌年1月に北野高校の後輩(3学年下)にあたる橋下徹が大阪府知事選挙で当選を飾ったことに触発され、次々と地方選挙に出馬するも4連敗を喫する。

野々村竜太郎                                    野々村竜太郎
四コマ漫画かと思った
預貯金を取り崩しながらの生活でいよいよ後がなかったが、2011年の兵庫県議選西宮市選挙区で最下位ながら当選ラインに滑り込み、悲願の初当選を果たし晴れて真っ当な議員となった。候補者調整や票割りに失敗して自民党候補2人が当選圏外に転落していったこと、そしてこの統一地方選でフィーバーを起こしていた「大阪維新の会」に似た名前の「西宮維新の会」を名乗ったことが功を奏した結果となった。

なお、「維新の会」の名称を使用しているが、後述の発言集にある通り、野々村と大阪維新の会には何ら繋がりはない(地域政党の場合、政治資金規正法では類似名称に対する規制が無い為、「○○維新の会」と称する団体を勝手に設立して「○○維新の会公認」を名乗る候補者が後を絶たなかった。ちなみに都道府県レベルの選挙でこの類似名称を使って当選したのは、地味に野々村のみである)。

後に西宮維新の会は2013年4月に「西宮希望の女神」に、2014年3月に「最後の希望」に順次改名している。

© 2015 日本芸能ネットワーク · RSS · Designed by Theme Junkie · Powered by WordPress