Home » 時事 » 桂米朝|桂米朝一門

桂米朝|桂米朝一門


人間国宝の落語家・桂米朝さん(享年89)が19日に亡くなったことを受け、笑福亭仁鶴(78)が20日、大阪市内で報道陣の取材に対応した。時折声を震わせ、目に涙を浮かべながら大先輩への思いを語った。
直接の師弟関係はないが、米朝さんからけいこを受けた思い出を懐かしそうに振り返った。「上方落語はこういう風にやるんやで、と先べんを付けてくれた方。中堅以上の噺家で、影響を受けていない者は一人もいないと思うくらい」。過去には「落語は面白い話やけど、やり手はまじめに演じるんやで。妙にふざける必要はない」とアドバイスを受けたり、「下ネタはできるだけ軽く扱うように」と言われたこともあったという。

桂米朝(かつらべいちょう)
1925年11月6日|さそり座|兵庫出身|O型
3代目桂 米朝は、旧関東州大連市生まれ、兵庫県姫路市出身の上方噺家。本名、中川 清。出囃子は『都囃子』。
桂米朝 (かつらべいちょう)
落語家、芸能人、落語、俳優、声優

3代目桂 米朝(かつら べいちょう、1925年(大正14年)11月6日 – )は、旧関東州(満州)大連市生まれ、兵庫県姫路…

Feペディア(出典:Wikipedia)で詳細を見る

誕生日1925年11月6日
星座さそり座
出身地兵庫
性別男
血液型O型
デビューのきっかけ1947年9月 四代目桂米団治に入門
3代目桂 米朝(かつら べいちょう、1925年(大正14年)11月6日 – 2015年(平成27年)3月19日)は、旧関東州(満州)大連市生まれ、兵庫県姫路市出身の上方噺家(上方の落語家)。本名、中川 清(なかがわ きよし)。出囃子は『都囃子』[1]。俳号は「八十八」(やそはち)[2]。
現代の落語界を代表する落語家の一人で、第二次世界大戦後滅びかけていた上方落語の継承、復興への功績から「上方落語中興の祖」と言われている。1996年(平成8年)に落語界から2人目の重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定され、2009年(平成21年)には演芸界初の文化勲章受章者となる。 1979年(昭和54年)に帝塚山学院大学の非常勤講師。米朝事務所所属。尼崎市に住んだ。

桂米朝

© 2015 日本芸能ネットワーク · RSS · Designed by Theme Junkie · Powered by WordPress