Home » 芸能 » スズキ インド,スズキ インド 暴動

スズキ インド,スズキ インド 暴動


スズキ インド,スズキ インド 暴動
マルチ・スズキ・インディア(英語:Maruti Suzuki India Limited、通称「マルチ・スズキ」 )は、日本の自動車メーカー・スズキの、インドにおける乗用車生産販売子会社である。

インド政府との合弁会社「マルチ・ウドヨグ」として1981年2月に設立され、インドを含む南アジアで最大の自動車会社となっている。2002年5月には出資比率を引き上げたスズキが子会社化し、2007年7月に社名変更された。
スズキのインド子会社、マルチ・スズキのマネサール工場(インド北部ハリヤナ州)で起きた暴動で、マルチ・スズキは21日、同工場を当面閉鎖することを明らかにした。同社のバルガバ会長がニューデリーの本社で記者会見し、「原因が究明され、社員と工場の安全が確保できるまで再開できない」と述べた。操業停止が長期化すれば、スズキの業績への影響も懸念される。
18日の暴動ではインド人幹部1人が焼死し、96人が負傷して入院。生産設備も一部が被害を受けた。また、組合幹部ら約100人が捜査当局に逮捕された。会見に同席した中西真三社長は「これは労働問題ではなく、犯罪だ」と批判した。同工場では昨年、組合設置などを巡る問題からストで断続的に生産が停止していたが、中西社長は「すべての課題は協議で解決済みだった」と述べた。

© 2012 日本芸能ネットワーク · RSS · Designed by Theme Junkie · Powered by WordPress