Home » 時事 » 桶川ストーカー 上尾署

桶川ストーカー 上尾署


上尾署

上尾署

桶川ストーカー殺人事件(おけがわストーカーさつじんじけん)は1999年10月26日に埼玉県桶川市の東日本旅客鉄道(JR東日本)高崎線桶川駅前で、女子大生(当時21歳)が元交際相手(当時27歳)とその兄が雇った男によって殺害された事件である。
上尾警察署(あげおけいさつしょ)は、埼玉県上尾市に所在する警察署。上尾市、桶川市、北足立郡伊奈町を管轄する。所管は埼玉県警察。

1999年に発生した桶川ストーカー殺人事件では、担当した上尾署の刑事2課員3名が調書や告訴状の改竄で有罪・懲戒免職となる不祥事を起こし、捜査怠慢・隠蔽体質が衆議院予算委員会やメディアで厳しく指弾された(署長・副署長は減給・訓戒などの処分)

2008年9月29日午前8時30分より、新庁舎で業務を行なっている。
いくらやっても私との距離をまるで詰めようとしない副署長。怒鳴っている私を無視して事務仕事に没頭する他の刑事や職員達。なんなんだここは。

あの日、詩織さん達がここに相談に来て、絶望したのがよく理解できた。ここはまったくダメだ。「人間」がいないのだ。詩織さんは二つの不幸に遭遇した。一つは小松に出会ったこと。もう一つは上尾署の管内に住んだことだ。

© 2012 日本芸能ネットワーク · RSS · Designed by Theme Junkie · Powered by WordPress