Home » 時事 » ヘリオス航空522便

ヘリオス航空522便


ヘリオス航空522便

ヘリオス航空522便

ヘリオス航空522便墜落事故
ヘリオス航空522便墜落事故 (Helios Airways Flight 522) とは、2005年8月14日にギリシアで発生した航空事故である。キプロスの新興航空会社のヘリオス航空522便の乗客と乗員あわせて121名が全員死亡した、ギリシャ航空史上最悪の事故であった。操縦士が与圧システムの異常により酸素欠乏で意識不明となり、着陸できないまま燃料切れとなり山間部の森林に激突した。事故の翌日に政府高官が、事故機があと5分飛行してアテネの市街地上空に到達したならば戦闘機に撃墜させるつもりであったと発言した。
ヘリオス航空522便墜落事故 (Helios Airways Flight 522) とは、2005年8月14日にギリシアで発生した航空事故である。キプロスの新興航空会社のヘリオス航空522便の乗客と乗員あわせて121名が全員死亡した。操縦士が与圧システムの異常により意識不明となり、着陸できないまま燃料切れとなり山間部の森林に激突した。事故の翌日に政府高官が、事故機があと5分飛行してアテネの市街地上空に到達したならば戦闘機に撃墜させるつもりであったと発言した。
今日のアンビリバボーでは
上空1万メートルでおきた
史上最大の航空ミステリー
ヘリオス航空522便の墜落事故に関する
特集を放送していました。

内容としては
度重なるヒューマンエラーによって
低酸素状態に陥った機内の中で
事態を打破すべく一人で冷静に行動を続けた
プロドロモウにフォーカスを当てたものでした。

結局、プロドロモウは
最後に市街地を避けて
機を墜落することしかできませんでしたが
極限状態にあって、それでもなお残された道を探す
人間の精神力の強さを感動しました。

ツイッターにも感動のコメントが

© 2012 日本芸能ネットワーク · RSS · Designed by Theme Junkie · Powered by WordPress