Home » 季節モノ » CBX400F,CBX400F 画像

CBX400F,CBX400F 画像


CBX400F

CBX400F

CBX400F(シービーエックスよんひゃくエフ)は、本田技研工業が1981年から1984年にかけて製造・販売していたオートバイである。
ドリームCB400FOUR以降、ホンダはミドルクラスのスポーツモデルとしてホークシリーズを販売していたが、これは3バルブヘッド搭載とはいえ目新しさのないSOHC直列2気筒エンジンであり、ホンダ製スポーツモデルの人気はやや低迷気味であった。対して、1979年に発売されたカワサキのZ400FXはドリームCB400FOUR以来の直列4気筒、そして当時高級メカニズムとされたDOHCエンジン搭載のスポーツモデルとしてヒット作となった。

更に翌年の1980年には、ヤマハからはXJ400、スズキからはGSX400Fと相次いで直列4気筒、DOHCのスポーツモデルが投入される。更にヤマハからは水冷2ストロークエンジンを搭載し、400ccクラスのオートバイとも肩を並べられる性能を持つRZ250が発売され、それぞれヒット車種となった。

CBX400F

CBX400F

CBX400Fの特徴は、

ドリームCB400FOURの再来のようなコンパクトな設計の車体
CB750F似のメータパネル、鍛造製のセパレートハンドルとブレーキペダルとチェンジペダル
ドリームCB400FOUR以来の特徴的なデザインの4-1-2エキゾーストシステム(正面から見るとエキゾーストパイプがX字型に配置されており“Xエキゾースト”と呼称された)
中空アルミスイングアーム+プロリンク・サスペンション
前後のヴェンチレーテッド・インボード・ディスクブレーキ
ブレーキ・トルク・センサー型アンチダイブ機構

© 2012 日本芸能ネットワーク · RSS · Designed by Theme Junkie · Powered by WordPress