Home » 季節モノ » 離岸流,離岸流の見つけ方

離岸流,離岸流の見つけ方


離岸流

離岸流

離岸流(りがんりゅう)とは、海岸の波打ち際から沖合に向かってできる潮の流れのこと。幅10m前後で生じる局所的に強い引き潮。
海岸に潜む魔・離岸流(りがんりゅう)とは?その発生メカニズムから、見分ける方法、巻き込まれた時の脱出法まで、分かりやすく解説した啓発用VIDEOです。
離岸流による事故

遠浅の海岸を中心に発生しやすいため、海水浴客が知らず知らずに巻き込まれ、沖合に流され事故となるケースがある(例:流されたビーチボールや浮き輪を追いかけて知らず知らずに沖合に流される。技術の未熟なサーファーが流れに巻き込まれ沖合に流される。シュノーケリングで海中の景観に気を取られている間に沖合に流される等)。

離岸流の速さは秒速1mを超えることもあるとされており、巻き込まれたら流れに逆らって波打ち際へ戻ることはまず不可能で、離岸流に逆らって泳ぎ切ることは、水泳のオリンピック選手でも困難と言われている。一般的に離岸流に逆らわずに海岸線と平行方向(流れに対して直角方向)へ泳ぎだし離岸流から脱出してから海岸に向かえばよいと言われているが、実際に離岸流により沖合に流されるとパニックとなりそのような冷静な判断は難しくなる。沖合では僅かに高い波も漂流者の視界を奪い方向感覚が掴めなくなり、自分が流されている方向すら分からなくなる。複雑な流れにより急に波浪が高くなることもあり、海水にもまれそのまま溺死してしまう可能性も高い。

そもそも、危険な流れに遭遇しないことが最も賢明である。離岸流を含め特に危険な流れについては、地元の人が良く知っている場合があるので、事前にマリンレジャー関係者や漁業関係者等から、簡単で良いから一言情報を得ておくと、安全性の向上に役立つ。

 

 

© 2012 日本芸能ネットワーク · RSS · Designed by Theme Junkie · Powered by WordPress