Home » 季節モノ » トンガリロ山,トンガリロ山が噴火

トンガリロ山,トンガリロ山が噴火


トンガリロ山

トンガリロ山

トンガリロ山(英: Mount Tongariro、toŋaɾiɾo)はニュージーランドの北島、トンガリロ国立公園内にある火山。タウポ湖から20km南西にある。
トンガリロ一帯の山々は、活火山が多くタウポ火山帯と呼ばれている。トンガリロ山は、記録に残る中で、1839年以降1975年まで70回以上噴火している。だが、1980年以来噴火はなく、安定した状態が取れている。山の標高は1978mの高さがあり、トンガリロ国立公園のルアペフ山(2,797m)・ナウルホエ山(2,291m)の中では一番標高が低い。

また、古代からマオリ族の信仰対象として崇められ、ルアペフ山・ナウルホエ山を含めてトンガリロ国立公園として1993年に世界遺産の複合遺産に登録されている。トンガリロ一帯の山々は、活火山が多くタウポ火山帯と呼ばれている。トンガリロ山は、記録に残る中で、1839年以降1975年まで70回以上噴火している。だが、1980年以来噴火はなく、安定した状態が取れている。山の標高は1978mの高さがあり、トンガリロ国立公園のルアペフ山(2,797m)・ナウルホエ山(2,291m)の中では一番標高が低い。

また、古代からマオリ族の信仰対象として崇められ、ルアペフ山・ナウルホエ山を含めてトンガリロ国立公園として1993年に世界遺産の複合遺産に登録されている。
同国の地質核科学研究所(GNS Science)の発表によれば、噴火が起きたのは現地時間の7日午前0時(日本時間6日午後9時)の少し前で、これほど大きな火山活動が起きたのは1897年以来だという。

警察は今のところ負傷者などの被害の報告を受けていないが、今後、遠隔地域に設置されている登山者用の避難小屋を調べる予定だという。また警察によると北島を走る高速道路の幾つかが視界不良のため通行止めになったが、7日午前に通行止めは解除された。

© 2012 日本芸能ネットワーク · RSS · Designed by Theme Junkie · Powered by WordPress