Home » 季節モノ » スルーザグリーン,ゴルフ用語 スルーザグリーン

スルーザグリーン,ゴルフ用語 スルーザグリーン


スルーザグリーン,ゴルフ用語 スルーザグリーン
ティーグラウンド、グリーン、ハザード (バンカー、池など) を除いたプレーのできる全ての箇所という意味。つまり、ローカル・ルールでスルー・ザ・グリーン 6インチプレースありと言ったら、グリーンとハザード以外は 6インチ以内であれば ボールを動かしてライを改善してプレーして良いということ。
ゴルフというスポーツには全くといってよいほど興味がなかった筆者ですが、一度のあるきっかけにより、ゴルフのとりこになってしまいました。
このサイトでは、ゴルフビギナーの筆者がルールや用語について調べたことを書き記しています。
ここでは、ゴルフで使われる用語について書いています。

スルーザグリーンとは、フェアウェイやグリーン、林などの総称です。用語の定義では「プレー中のホールのティインググラウンドとグリーン」「コース内の全てのハザード」を省いた全ての場所とされています。

すなわち、ルールではフェアウェイやラフ、林などは区別されてはいないということです。
スルー・ザ・グリーン (Through the green)
ハザード(バンカー、池)を除いたプレーのできる全て箇所という意味。
]つまり、スルー・ザ・グリーン6インチリプレースありと言ったら、ハザード以外はリプレースして良いということ。
俺達は、オール6インチと言っています。

© 2012 日本芸能ネットワーク · RSS · Designed by Theme Junkie · Powered by WordPress