Home » 季節モノ » ナックルカーブ,ナックルカーブ 漫画

ナックルカーブ,ナックルカーブ 漫画


カーブ(英: curveball)は、野球における球種の1つである。比較的遅い球速で投手の利き腕と反対の方向に大きく曲がりながら落ちる。
日本ではほとんどの投手経験者が最初に投げるか教わる最も基本の変化球とされており[1]、アメリカ合衆国でも投手が速球の次に2番目に投げる球という意味で「デュース」というニックネームが付けられている[2]。

トップスピンとサイドスピン(利き腕と反対方向)の中間の回転軸を持ち、回転軸がトップスピン側に傾いていれば縦方向の、回転軸がサイドスピン側に傾いていれば横方向の変化が大きい物になり、総じて球速が遅く山なりの弧を描くのが特徴である。弧を描く軌道の影響などでホームベースへの到達時間は直線的な軌道の球よりも長くなる。弧を描く軌道に加え、速球との球速差により、打者は錯覚してボールがなかなか来ないことを減速しているように感じることもあり、ブレーキがかかる等と表現されたりもする。

緩急をつけて打者のタイミングを外す目的で使われる場合が多いが、江川卓、桑田真澄、サンディ・コーファックスなど決め球として投げる投手もいる。

伊東勤、岩本勉らは他の球種と違い全力で投げなくてもよいため疲労が蓄積しない事、大きく弧を描く軌道が打者の目線とタイミングをずらせる事などを利点として挙げている。

© 2012 日本芸能ネットワーク · RSS · Designed by Theme Junkie · Powered by WordPress