Home » 芸能 » 大友愛 離婚原因,大友愛 離婚 理由

大友愛 離婚原因,大友愛 離婚 理由


大友愛

大友愛


大友 愛(おおとも あい、1982年3月24日 – )は、日本の女子バレーボール選手。宮城県仙台市出身。ニックネームはユウ、アイ。現在プレミアリーグのJTマーヴェラスに所属している。
大友愛 離婚 理由

女子バレーのオリンピック代表選手が正式に決まりましたね!!

そこで、山本愛こと大友愛選手が代表復帰を果たしました。

一方で、栗原恵選手が代表から外れるという大波乱も起きました。

実力が物を言う世界ですからね、仕方ないとしか言いようがないのでしょう。

さて、大友愛選手は元夫でビーチバレー選手の山本さんと離婚したため、今回名前を旧姓に戻しての代表参加となりました。

なんか、出戻りってのは悲しい気もしますね。

2006年には結婚・妊娠を理由に一旦引退、2008年に選手に復帰しました。
名前も大友愛に変えて心機一転頑張っていました。

すでに5歳のお子さんがいますが、親権はどうやらお母さんの大友愛さんに渡っているようです。

離婚が正式に発表されたのは今年の3月中旬頃。

理由は詳細は不明ですが、生活のすれ違いなどではないでしょうか?

でも、よく代表に戻ってきたなぁって感じです。
大友愛(バレーボール)

 ”日本女子バレーボール17年ぶりのメダル獲得!”
 そう報じられても、グラチャン・銅メダル獲得の立役者、大友愛にはピンとこなかった。’64年東京五輪の東洋の魔女はおろか、’84年ロス五輪銅メダル獲得の中田久美も知らなかったと言う。
 友達のお姉さんに誘われてバレー部に入ったものの、トスが100回続いたことがうれしかっただけの中学生。それが、宮城県代表としてさわやか杯(全国都道府県対抗中学バレーボール大会、現アクエリアスカップ)に出場し、高校に進学するとユース代表にもなった。そして、コーチ陣から「日の丸を背負って戦う選手となれ」と言われ、初めておぼろげながら“全日本”が頭をよぎった。だが、全国大会出場の経験もなく、高校は万年県予選2位。何よりも「優勝」のふた文字に飢えていた大友が選んだ進路先は、日本一の実力を誇るNECだった。
「初めて練習を見学させてもらった時、その迫力と活気に圧倒された。すぐに、ここに入りたいと思いました」
 全日本のレギュラー選手がユニフォームを変えただけのような強豪チーム。いくら183cmの身長があるとはいえ、高卒の新人がいきなり試合に出られるほど、NECは甘くない。厳しいトレーニングで体ができ、ようやくチームの流れについていけるようになった頃、突然大友は全日本入りの知らせを受けた。
「うれしいというか、もうただただ驚きで。最初に出た言葉は、“私なんかでいいの?”でしたからね」
 外国人選手がブロックに飛ぶと、もう打つコースがない。「何もできない」、最初はそう思ったと言うが、昨年のグラチャンで大活躍。高さを誇るブロッカーとして、前後左右縦横無尽に動く多彩なスパイカーとして、さらにはピンチを救うムードメーカーとして、その名を世界に轟かせた。

© 2012 日本芸能ネットワーク · RSS · Designed by Theme Junkie · Powered by WordPress