Home » 美容 » 衣笠丼 レシピ, 衣笠丼 東京

衣笠丼 レシピ, 衣笠丼 東京


他の地方には見られない、京都のローカル食として有名です。京都の薄揚げ(京揚げ)と青ネギ(九条ネギ)を炊いて、卵でとじた丼物です。名前の「衣笠」は京都の地名の衣笠山に由来します。お肉の代わりにお揚げを使った、おだやかな味わいの丼物です。

衣笠丼

衣笠丼

衣笠丼:材料 1人分
ごはん 1膳分
たまご 1個
薄揚げ 1/4枚
青ネギ 1本

煮汁
・水 75cc
・酒 大さじ1
・しょうゆ 小さじ2
・みりん 小さじ2
+ 青ネギはざく切りにしておきます。
薄揚げは巾1cm、長さ5cmくらいに切っておきます。
鍋に煮汁を沸かして、薄揚げと青ネギを煮ます。
火が通ったら、溶きたまごを流し入れ、半熟状になったら、ごはんを入れた丼に盛り付けます。
京都らしく、湯葉や京麩のお吸い物などを添えてお召し上がりください。
京都府は、日本列島のほぼ中央に位置しています。面積は、国土の約1.2%で、47都道府県中31番目の広さです。北は日本海と福井県、南は大阪府、奈良県、東は三重県、滋賀県、西は兵庫県と接しています。南北に細長い形の京都府は、そのほぼ中央に位置する丹波山地を境にして、気候が日本海型と内陸型に分かれます。丹後・中丹地域の海岸線は、変化に富むリアス式海岸で、豊富な景勝地や天然の良港に恵まれています。中丹地域から中部地域は、大部分が山地で、丹波山地を源に桂川水系、由良川水系に別れ、その流域には、亀岡、福知山盆地のほか小盆地が点在します。京都・乙訓(おとくに)、山城中部・相楽地域は、桂川、宇治川、木津川の三川合流を要に、山城盆地が広がっています。

© 2012 日本芸能ネットワーク · RSS · Designed by Theme Junkie · Powered by WordPress