Home » 美容 » 衣笠丼,京都 衣笠丼

衣笠丼,京都 衣笠丼


衣笠丼

衣笠丼

京都府民が愛する超ミヤビな謎の丼!
京都府のヒミツのごちそう「衣笠丼(きぬがさどん)」を食べてみたい!
「衣笠丼」のレシピ、お揚げが美味しいお店<嵯峨豆腐 森嘉(さがどうふ もりか)>のお店情報も!
木の葉丼(このはどん・このはどんぶり)とは、近畿地方で一般に供される丼物である。
木の葉丼は親子丼、他人丼、鎌倉丼などと同様の玉子とじ丼の一種。親子丼の鶏肉の代わりに薄く切った蒲鉾を玉子で綴じる。また好みによってシイタケやネギなどを入れる場合もある。安価な食材で簡単に作れるので、庶民的な家庭料理として親しまれ、関西地方では大衆食堂などで定番のメニューとなっている。
一般的にお蕎麦には「七味」をかけますが、京都では「山椒」をかけるのがスタンダードで、なんとお蕎麦にだけでなく、親子丼や天丼、出汁巻き玉子にも山椒をかけて食べるのだそう

京都のヒミツのごちそうとして『秘密のケンミンショー』で紹介された「衣笠丼」は、刻んだお揚げさん(油揚げ)と九条ねぎを卵でとじた丼
東京のぺんぺらぺんのお揚げさんと違って、京都のあげは肉厚なので、ダシと馴染んで美味しいのだそう
肉厚の油揚げといえば、福井県の谷口屋の油揚げがよく取り上げられていますが、あのくらい肉厚でふっくらしているものだったら家庭でも美味しくできるのかも?

名前の由来は、蒲鉾を舞い散る木の葉に見立てたものといわれるが、発祥は定かではない。

石川県では、木の葉丼を「玉子丼」(たまごどん)と称して供する飲食店が見られる。

© 2012 日本芸能ネットワーク · RSS · Designed by Theme Junkie · Powered by WordPress