Home » 季節モノ » マーモセット,マーモセット 画像

マーモセット,マーモセット 画像


マーモセット,マーモセット 画像

マーモセット

マーモセット

オマキザル科 (Cebidae) は、霊長目(サル目)の科の1つ。キヌザル科と呼ばれることもある。中南米に棲息するサルのグループである広鼻猿類(新世界ザル)を構成する4つの科の1つである。マーモセット(キヌザル)、タマリン、オマキザル、リスザルの仲間からなる。南アメリカ・中央アメリカの熱帯・亜熱帯地域に広く分布する。
特徴
本科に属するサルは樹上性であり、地上に下りることはめったにない。一般的に小型のサルであり、頭胴長17-19cm・体重120-190gのピグミーマーモセットから、体長33-56cm・体重2.5-3.9kgのフサオマキザルまでを含む。形態も色彩もかなり多様であるが、いずれも新世界ザルに典型的な広く平らな鼻をもつ点では共通している。

雑食性であり、ほとんどは果実食および昆虫食だが、種によって餌とするものの割合は大きく異なる。歯式は 2.1.3.2-3/2.1.3.2-3 。

メスは、種によって異なるが、130-170日の妊娠期を経て、1-2頭の子を生む。社会的な動物であり、5-40頭の成獣が群れを作るが、典型的には、小型の種の方がより大きな群れを作る。一般的には昼行性である。

 

© 2012 日本芸能ネットワーク · RSS · Designed by Theme Junkie · Powered by WordPress