Home » 芸能 » 渡辺美佐子, 渡辺美佐子 徹子の部屋 画像

渡辺美佐子, 渡辺美佐子 徹子の部屋 画像


 

渡辺 美佐子(わたなべ みさこ、1932年10月23日 – )は、日本の女優。東京都港区麻布出身。

渡辺 美佐子(わたなべ みさこ、1932年10月23日 – )は、日本の女優。東京都港区麻布出身。略歴 実践女子学園高等学校卒業後、俳優座養成所第3期生となる(卒業後は劇団新人会に入団)。同期に愛川欽也、杉田弘子、穂積隆信、安井昌二がいる。
実践女子学園高等学校卒業後、俳優座養成所第3期生となる(卒業後は劇団新人会に入団)。同期に愛川欽也、杉田弘子、穂積隆信、安井昌二がいる。『家庭教師』で初舞台。

渡辺美佐子

渡辺美佐子

さ渡辺 美佐子(わたなべ みさこ、1932年10月23日 – )は、日本の女優。東京都港区麻布出身。略歴 実践女子学園高等学校卒業後、俳優座養成所第3期生となる(卒業後は劇団新人会に入団)。同期に愛川欽也、杉田弘子、穂積隆信、安井昌二がいる。
実践女子学園高等学校卒業後、俳優座養成所第3期生となる(卒業後は劇団新人会に入団)。同期に愛川欽也、杉田弘子、穂積隆信、安井昌二がいる。『家庭教師』で初舞台。らに詳しい略歴

俳優座出身で1953年デビュー。舞台で主に活躍することが多いが、映画でも日活専属の後、フリーに。明るくキップのいいおばさんの役が多い。特に井上ひさし原作の舞台戯曲「化粧」は、一人芝居の作品で1982年初演から通算500回演じた。2009年の「座・高円寺」のこけら落としの舞台もこの作品であった。テレビでは「おしん」「春よ、来い」など主に脇役で出演してる。

渡辺美佐子

渡辺美佐子

1953年、『ひめゆりの塔』で映画デビュー。その後、日活と契約。
1958年、『果しなき欲望』で、ブルーリボン賞の助演女優賞を受賞する。
1969年、劇団新人会を退団後、フリーとなり自身が中心となって旧劇団新人会のメンバーと演劇集団「兆」を結成したが後に解散。以降も映画・舞台・テレビドラマと総合的に活躍しているが、中でも作:井上ひさしの一人芝居『化粧』は1982年7月の初演以来彼女のライフワークとして上演されており(同年12月の公演からは二幕目が書き加えられ、以降『化粧 二幕』として上演)、フランス、アメリカなど海外公演も行なった。2009年5月の杉並区立杉並芸術会館「座・高円寺」の杮落とし公演として上演され、2009年5月30日で通算600回を迎えた。このように、総合女優としての活躍がめざましく、その演技は高齢になっても衰えない。
私生活では1955年に放送作家の牛島孝之と結婚し、1959年に離婚。1965年、TBSの大山勝美プロデューサーと再婚。一男あり。
1997年に紫綬褒章、2004年春に旭日小綬章を受章。

© 2012 日本芸能ネットワーク · RSS · Designed by Theme Junkie · Powered by WordPress