Home » 芸能 » ファン・ロマン・リケルメ

ファン・ロマン・リケルメ


フアン・ロマン・リケルメ(Juan Román Riquelme, 1978年6月24日 – )は、アルゼンチン出身、同国代表のサッカー選手。ポジションはMF。ボカ・ジュニアーズ(アルゼンチン)に所属。

卓越したゲームメイクのセンスを持ち、現在のサッカー界では絶滅寸前と言われるクラシックなゲームメーカーである事から恐竜と称されることがある。

ファン・ロマン・リケルメ

ファン・ロマン・リケルメ

ファン・ロマン・リケルメ 略歴
キャリアの始まり

アルヘンティノス・ジュニアーズの下部組織でキャリアをスタートさせる。当時のポジションは中盤の底のボランチ。アルヘンティノスの練習場近くに住んでいた元アルゼンチン代表監督のカルロス・ビラルドに見出される。ボカ・ジュニアーズがアルヘンティノスの下部組織を吸収したことによって、幼少から憧れていたボカに移籍が決まりかけるが破談してしまう。傷心の彼の元へリーベルプレートから破格のオファーが訪れ、移籍寸前まで行くが土壇場で拒否。その後、1996年6月に移籍金80万ドルで念願のボカへと移籍が決まり、ポジションを現在のトップ下に替える。いったんサテライトチームでプレーするが、すぐにカルロス・ビラルド監督のいるトップチームに引き上げられ、同年11月10日のウニオン・デ・サンタフェ戦でデビューした。

1998年、カルロス・ビアンチの監督就任によって、ボカの10番を背負いレギュラーに定着。トヨタカップを頂点に数々のタイトルを獲得し、マラドーナ後の10番としてボカの歴史でも有数の人気を得た。そんな中、弟であるクリスティアンが身代金誘拐されるという事件が起こる。無事に解放されたものの母国への絶望感、金銭面をめぐって数年に渡ったマウリシオ・マクリ会長との確執などから欧州への移籍を要求。アルゼンチンリーグでのプレーを拒否するという行動に出た。

2012年5月9日に行なわれたコパ・リベルタドーレス2012決勝トーナメント1回戦第2戦、ウニオン・エスパニョーラ対CAボカ・ジュニアーズ戦のフアン・ロマン・リケルメ(CAボカ・ジュニアーズ/元アルゼンチン代表)のプレーをまとめたYouTube動画です。アウェイのウニオン・エスパニョーラ戦に先発出場したリケルメ。0-0で迎えた前半26分にFKからサウラルデの先制点をアシストすると、後半6分にはモウチェの追加点をアシスト。続く同23分には自らゴールを挙げ、1ゴール2アシストの活躍でチームを3-2の勝利に導いています。

 

 

© 2012 日本芸能ネットワーク · RSS · Designed by Theme Junkie · Powered by WordPress