Home » 季節モノ » 平均寿命 2012,,日本 平均寿命 2012

平均寿命 2012,,日本 平均寿命 2012


東日本大震災がなかったと仮定した場合の平均寿命は、男性は逆に2010年より0・15年延びて79・70歳、女性も86・24歳と前年とほぼ同水準になるという。同省は「寿命の延びが鈍化したかは即断できない。今後の動向を注視したい」としている。
厚生労働省は26日、2011年の日本人の平均寿命を発表した。

男性が前年より0・11年短い79・44歳、女性が0・40年短い85・90歳で、女性は1985年以来、守り続けた長寿世界1位の座を86・7歳だった香港に明け渡した。

東日本大震災による死者の増加が主な要因で、20歳代後半の女性の自殺率増加や、肺炎など呼吸器系疾患による死亡の上昇も影響したという。
女性の平均寿命、世界2位に後退 11年85.90歳
男性は79.44歳
平均寿命は、その年生まれた0歳の子供が何年生きられるかを示す。男性は前年と比べて0.11歳下回り、男女とも2年連続の減少となった。

国によって計算方法が異なるため厳密な比較はできないが、諸外国・地域でみると女性は香港、日本、84.91歳のスペイン(10年)の順。男性も香港がトップの80.5歳で、スイス(10年)が80.2歳、アイスランドが79.9歳と続いた。

11年3月に発生した東日本大震災の死者は7月25日現在、1万5867人。厚労省は震災がなかったと仮定した場合の平均寿命は女性が86.24歳、男性が79.70歳と試算した。
男女とも平均寿命は2010年もその前年を下回っており、男女とも2年連続で前年を下回るのは初めて。

 

 

 

 

© 2012 日本芸能ネットワーク · RSS · Designed by Theme Junkie · Powered by WordPress