Home » 美容 » 熱中症 治療, 熱中症 処置

熱中症 治療, 熱中症 処置


熱中症(ねっちゅうしょう、Hyperthermia)は、暑熱環境下においての身体適応の障害によっておこる状態の総称。屋内・屋外を問わず高温や多湿等が原因となって起こる。(日射病とは違い、室内でも発症するケースが多く、年々増加傾向にある。その背景の一つとしてエアコンの増加による熱のこもりやすい建築物の構造の変化が挙げられる。)
熱中症の後遺症対策は、体の水の動きを良くするのも重要
中国からの大気汚染物質を含んだ汚れた雨が続いた湿気のため、東洋医学で言う痰飲の対策が重要になります。痰飲の対策ができていないと、熱中症対策になるはずの水分補給が有効に作用しにくくなります。この状態で、暑い部屋の中で、テレビを見ながら、首の後ろを冷やして座っていたら、体の背部が硬くなって、体の水の動きが悪くなり、夏バテします。痰飲の針治療が一番、安上がりで有効です。あとは、テレビを消して、エアコンを上手に使ってください。
痰飲の針治療以外の方法で、この体調を短期間で回復させるためには、空気の綺麗な避暑地に行くのが、お薦めです。
避暑地が無理という方は、締め切った部屋で、除湿機を作動させて湿度を50%以下に下げつつ、暑ければ冷房も作動させます。どんどん除湿していって、湿度が40%以下になったら、気化式の加湿器を作動させて綺麗な水で部屋の空気を潤わせます。その部屋の中で、軽く体をほぐしながら、ミネラル水を飲んで、トイレで濁った水を排尿していきます。これで、体調をリセットしていきます。
熱中症の後遺症対策は、熱い脳を冷やし、熱で狂った脳細胞の情報伝達・情報処理機能を正常にしていくのが重要
熱中症の後遺症は、軽くても残っています。病院で、熱中症は軽ければ「後遺症が残らない」と言っているのは、「大きく目立つ後遺症が残らない」というぐらいの意味です。軽い熱中症でも、脳がクレイジーな状態が続き、環境に適応しにくい体調になっているぐらいの後遺症は、しっかりと残っています。

 

 

© 2012 日本芸能ネットワーク · RSS · Designed by Theme Junkie · Powered by WordPress